休止中の関係のスケジュールされた転送を[ボリューム / 健全性の詳細]ページで再開

関係を休止してスケジュールされた転送を停止したあとに、[ボリューム / 健全性の詳細]ページ[再開]を使用してスケジュールされた転送を再び有効にして、ソース ボリュームまたはプライマリ ボリューム上のデータを保護することができます。転送は、次回のスケジュールされた転送の実行時に再開されます(チェックポイントが存在する場合はチェックポイントから)。

開始する前に

手順

  1. [ボリューム / 健全性の詳細]ページ[保護]タブに表示されるトポロジ ビューで、再開する休止中の関係を右クリックします。
    あるいは、[操作] > [関係]メニューの[再開]をクリックします。
  2. [再開]ダイアログ ボックス[続行]をクリックします。
    [ボリューム / 健全性の詳細]ページに戻ります。
  3. 関連するジョブ タスクを表示してその進捗状況を追跡する場合は、[ボリューム / 健全性の詳細]ページの上部に表示されるジョブのリンクをクリックします。
  4. [ジョブの詳細]ページで、[更新]をクリックして保護設定ジョブに関連付けられているタスクのリストと詳細を更新し、ジョブがいつ完了するかを確認します。
    ジョブが完了すると、次回のスケジュールされた転送の実行時にデータ転送が再開されます。