[関係の編集]ダイアログ ボックス

既存の保護関係を編集して、最大転送速度、保護ポリシー、保護スケジュールを変更することができます。

デスティネーション情報

デスティネーション クラスタ
選択したデスティネーション クラスタの名前です。
デスティネーション SVM
選択したSVMの名前です。
関係設定
保護関係で使用する最大転送速度、SnapMirrorポリシー、およびスケジュールを指定できます。
  • 最大転送速度

    ネットワークを介してクラスタ間でベースライン データを転送する最大速度を示します。選択すると、指定した値までにネットワーク帯域幅が制限されます。数値を入力してから、KBps(1秒あたりのキロバイト数)、MBps(1秒あたりのメガバイト数)、GBps(1秒あたりのギガバイト数)、TBps(1秒あたりのテラバイト数)のいずれかの単位を選択できます。最大転送速度は1KBps~4TBpsの範囲で指定する必要があります。最大転送速度を指定しない場合は、関係間でベースライン転送が制限されません。この設定は、プライマリ クラスタとセカンダリ クラスタが同じ場合は無効になります。

  • SnapMirror ポリシー

    関係のONTAP SnapMirrorポリシーを示します。デフォルトはDPDefaultです。

  • ポリシーの作成

    [SnapMirror ポリシーの作成]ダイアログ ボックスが起動します。このダイアログ ボックスで、新しいSnapMirrorポリシーを作成して使用できます。

  • SnapMirror スケジュール

    関係のONTAP SnapMirrorスケジュールを示します。スケジュールは、「なし」、「5分」、「8時間」、「毎日」、「毎時」、「毎週」のいずれかに設定できます。デフォルトは「なし」で、関係にスケジュールが関連付けられません。スケジュールが設定されていない関係については、ストレージ サービスに属している場合を除き、遅延ステータスの値は報告されません。

  • スケジュールの作成

    [スケジュールの作成]ダイアログ ボックスが起動します。このダイアログ ボックスで、新しいSnapMirrorスケジュールを作成できます。

コマンド ボタン

各コマンド ボタンを使用して次のタスクを実行できます。

キャンセル
選択内容を破棄して[保護設定]ダイアログ ボックスを閉じます。
送信
選択内容を適用して[関係の編集]ダイアログ ボックスを閉じます。