SVMの関連付けの作成

[Storage Virtual Machine の関連付けの作成]ウィザードでは、パートナーの保護アプリケーションによってソースStorage Virtual Machine(SVM)とデスティネーションSVMを関連付けて、SnapMirror関係とSnapVault関係で使用することができます。パートナー アプリケーションでは、デスティネーション ボリュームの最初のプロビジョニングの際にこれらの関連付けを使用して、選択するリソースを特定します。

開始する前に

タスク概要

あらゆるソースSVMと関係タイプについて、各デスティネーション クラスタでデスティネーションSVMを1つだけ選択できます。

削除や作成の機能を使用した関連付けの変更は、以降のプロビジョニング処理にのみ反映されます。既存のデスティネーション ボリュームは移動されません。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、[保護] > [SVM の関連付け]をクリックします。
  2. [Storage VMの関連付け]ページで、[作成]をクリックします。
    [Storage Virtual Machine の関連付けの作成]ウィザードが起動します。
  3. 次のいずれかのソースを選択します。
    • すべて

      すべてのプライマリSVMソースと1つ以上のデスティネーションSVMの間で関連付けを作成する場合に、このオプションを選択します。つまり、現時点で保護を必要とする既存のすべてのSVMおよび今後作成されるすべてのSVMが指定したデスティネーションSVMに関連付けられます。たとえば、異なる場所にある複数のソースのアプリケーションを1箇所にある1つ以上のデスティネーションSVMにバックアップできます。

    • シングル

      1つ以上のデスティネーションSVMに関連付ける特定のソースSVMを選択する場合に、このオプションを選択します。たとえば、データを互いに分離する必要のある多数のクライアントにストレージ サービスを提供する場合は、このオプションを選択して、特定のSVMソースを、対象のクライアントにのみ割り当てられる特定のSVMデスティネーションに関連付けます。

    • なし(外部)

      ソースSVMとデスティネーションSVMの外部のフレキシブル ボリュームの間で関連付けを作成する場合に、このオプションを選択します。

  4. 作成する保護関係タイプとして、次のうちの1つまたは両方を選択します。
    • SnapMirror
    • SnapVault
  5. [次]をクリックします。
  6. 1つ以上のSVMの保護デスティネーションを選択します。
  7. [終了]をクリックします。