カスタム レポートを作成するためのUnified Managerデータベースへのアクセス

Unified Managerでは、監視対象のクラスタからのデータをMySQLデータベースを使用して格納します。データはMySQLデータベースのさまざまなスキーマに永続化されます。

次のデータベースからすべてのテーブルのデータを使用できます。

データベース 説明
netapp_model_view ONTAPコントローラのオブジェクトに関するデータ。
netapp_performance クラスタ固有のパフォーマンス カウンタ。
ocum Unified Managerのアプリケーション データ、およびUIで一部の派生フィールドのフィルタ、ソート、計算に使用される情報。
ocum_report インベントリの構成と容量関連の情報のデータ。
ocum_report_birt 上記と同じデータ。このデータベースは組み込みのBIRTレポートで使用されます。
opm パフォーマンスの設定としきい値の情報。
scalemonitor Unified Managerのアプリケーションの健全性とパフォーマンスの問題に関するデータ。

レポート スキーマ ロールを持つデータベース ユーザは、これらのテーブル内のデータにアクセスしてレポートを作成できます。このユーザには、レポートおよびその他のデータベース ビューにUnified Managerデータベースから直接アクセスするための読み取り専用アクセスが付与されます。ユーザ データやクラスタのクレデンシャル情報を含むテーブルにアクセスするための権限は付与されないことに注意してください。

詳細については、Unified Managerのレポートに関するテクニカル レポート(TR-4565)を参照してください。