インポートした.rptdesignレポートのスケジュール設定

以前のリリースのUnified Managerで作成およびインポートした既存のレポートをスケジュールできます。

タスク概要

インポートしたレポートをスケジュール設定する場合の要件は次の通りです。

Unified Manager 9.6 GA以降にアップグレードすると、[レポート スケジュール]ページにインポートしたレポートが表示されます。これらのレポートのスケジュールを編集して、受信者のEメール アドレスと頻度を指定できます。これらの編集をしていないレポートは、Unified Manager UIで編集または表示できません。

手順

  1. [レポート スケジュール]ページを開きます。インポートしたレポートがある場合、次のようなメッセージが表示されます。
  2. ビュー名をクリックして、レポートの生成に使用されているSQLクエリを表示します。
  3. [詳細]アイコンをクリックし、[編集]をクリックしてレポート スケジュールの詳細を定義し、レポートを保存します。
    注:[詳細]アイコンを使用して不要なレポートを削除することもできます。