FabricPool対応でないアグリゲート上の大量のコールド データを含むボリュームを表示するレポートの作成

FabricPool以外のアグリゲート上のコールド データを大量に含むボリュームを表示するレポートを作成できます。このレポートから、FabricPoolアグリゲートに移動する必要があるボリュームを特定できます。

開始する前に

タスク概要

次の手順に従って、FabricPool対応でないアグリゲート上のコールド データを大量に含むボリュームを表示するカスタム ビューを作成し、そのビューのレポートを生成するようにスケジュール設定します。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、[ストレージ] > [ボリューム]をクリックします。
  2. [表示]メニューで、[パフォーマンス] > [すべてのボリューム]を選択します。
  3. [表示 / 非表示]を選択して、「ディスク タイプ」列がビューに表示されることを確認します。
    他の列を追加または削除して、レポートにとって重要なビューを作成します。
  4. 「ディスク タイプ」列を「コールド データ」列の近くにドラッグします。
  5. フィルタ アイコンをクリックして次のフィルタを追加し、[フィルタを適用]をクリックします。
    • コールド データが100GBを超える
    • ディスク タイプにSSDが含まれる
  6. 「ディスク タイプ」列の上部をクリックして、ディスク タイプ「SSD(FabricPool)」が一番下になるようにボリュームをディスク タイプでソートします。
  7. ビューの内容を表す名前でビューを保存します(例:「Cold data vols not FabricPool」)。
  8. インベントリ ページの[スケジュール済みレポート]ボタンをクリックします。
  9. レポート スケジュールの名前を入力し、他のレポート フィールドに情報を入力して、行の末尾にあるチェック マーク()をクリックします。
    テスト レポートがすぐに送信されます。以降、指定した頻度でレポートが生成され、リスト内の受信者にEメールで送信されます。

終了後の操作

レポートに表示された結果を基に、FabricPoolアグリゲートに移動した方がよいボリュームを特定できます。