未割り当てのLUN容量が最も多いクラスタを特定するレポートの作成

未割り当てのLUN容量が最も多い(0.5TBを超える)クラスタを検出するレポートを作成して、ワークロードを追加できる場所を特定できます。

開始する前に

タスク概要

次の手順に従って、未割り当てのLUN容量が最も多いクラスタを表示するカスタム ビューを作成し、そのビューのレポートを生成するようにスケジュール設定します。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、[ストレージ] > [クラスタ]をクリックします。
  2. [表示]メニューで、[容量] > [すべてのクラスタ]を選択します。
  3. [表示 / 非表示]を選択して、レポートに不要な列を削除します。
  4. 「未割り当ての LUN 容量」列を「HA ペア」列の近くにドラッグします。
  5. フィルタ アイコンをクリックして次のフィルタを追加し、[フィルタを適用]をクリックします。
    • 未割り当てのLUN容量が0.5TBを超えている
  6. 「未割り当ての LUN 容量」列の上部をクリックして、未割り当てLUN容量が多い順に結果をソートします。
  7. ビューの内容を表す名前でビューを保存し(例:「Most unallocated LUN capacity」)、チェック マーク()をクリックします。
  8. インベントリ ページの[スケジュール済みレポート]ボタンをクリックします。
  9. 新しいレポートのスケジュールを定義できるよう、[スケジュールの追加]をクリックして[レポート スケジュール]ページに新しい行を追加します。
  10. レポート スケジュールの名前を入力し、他のレポート フィールドに情報を入力して、行の末尾にあるチェック マーク()をクリックします。
    テスト レポートがすぐに送信されます。以降、指定した頻度でレポートが生成され、リスト内の受信者にEメールで送信されます。

終了後の操作

レポートに表示された結果を基に、クラスタの未割り当てLUN容量を使用できます。