シンプロビジョニングが無効なボリュームが使用しているスペースを確認するレポートの作成

シンプロビジョニングされていないボリュームは、ボリューム作成時に定義されたスペースの全容量をディスク上で占有します。シンプロビジョニングが無効になっているボリュームを特定することで、特定のボリュームでシンプロビジョニングを有効にする必要があるかどうかを判断できます。

開始する前に

タスク概要

次の手順を実行して、必要な列を正しい順序で表示するカスタム ビューを作成し、そのビューのレポートを生成するようにスケジュール設定します。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、[ストレージ] > [ボリューム]をクリックします。
  2. [表示]メニューで、[容量] > [すべてのボリューム]を選択します。
  3. [表示 / 非表示]を選択して、レポートに不要な列を削除します。
  4. 「使用済みデータ(%)」列と「シンプロビジョニング」列を、「使用可能なデータ容量」列の近くにドラッグ アンド ドロップします。
  5. フィルタ アイコンをクリックして[シンプロビジョニング][いいえ]とするフィルタを追加し、[フィルタを適用]をクリックします。
  6. 「使用済みデータ(%)」列の上部をクリックして、割合が最も高いボリュームがリストの先頭に表示されるように結果をソートします。
  7. ビューの内容を表す名前でビューを保存します(例:「Vols no thin provisioning」)。
  8. インベントリ ページの[スケジュール済みレポート]ボタンをクリックします。
  9. 新しいレポートのスケジュールを定義できるよう、[スケジュールの追加]をクリックして[レポート スケジュール]ページに新しい行を追加します。
  10. レポート スケジュールの名前を入力し、他のレポート フィールドに情報を入力して、行の末尾にあるチェック マーク()をクリックします。
    テスト レポートがすぐに送信されます。以降、指定した頻度でレポートが生成され、リスト内の受信者にEメールで送信されます。

終了後の操作

レポートに表示された結果を基に、特定のボリュームでシンプロビジョニングを有効にすることができます。