Linuxホストのデータ ディレクトリへのスペースの追加

Linuxホストを最初にセットアップした時点でUnified Managerをサポートするための十分なディスク スペースを/opt/netapp/dataに割り当てていなかった場合は、Unified Managerのインストール後に/opt/netapp/dataディレクトリのディスク スペースを増やして拡張することができます。

開始する前に

Unified ManagerがインストールされているRed Hat Enterprise LinuxマシンまたはCentOS Linuxマシンへのrootユーザ アクセスが必要です。

タスク概要

データ ディレクトリのサイズを拡張する前にUnified Managerデータベースをバックアップすることを推奨します。

手順

  1. ディスク スペースを追加するLinuxマシンにrootユーザとしてログインします。
  2. Unified Managerサービスと関連するMySQLソフトウェアを次の順序で停止します。systemctl stop ocieau ocie mysqld
  3. 現在の/opt/netapp/dataディレクトリのデータを格納できる十分なディスク スペースがある一時バックアップ フォルダ(例:/backup-data)を作成します。
  4. 既存の/opt/netapp/dataディレクトリの内容と権限の設定をバックアップ データ ディレクトリにコピーします。cp -arp /opt/netapp/data/* /backup-data
  5. SE Linuxが有効になっている場合は、次の手順を実行します。
    1. 既存の/opt/netapp/dataフォルダにあるフォルダに対するSE Linuxタイプを取得します。se_type=`ls -Z /opt/netapp/data | awk '{print $4}' | awk -F: '{print $3}' | head -1`
      次のような情報が返されます。
      echo $se_type
      mysqld_db_t
    2. chconコマンドを実行して、バックアップ ディレクトリに対してSE Linuxタイプを設定します。chcon -R --type=mysqld_db_t /backup-data
  6. /opt/netapp/dataディレクトリの内容を削除します。
    1. cd /opt/netapp/data
    2. rm -rf *
  7. LVMのコマンドを使用するかディスクを追加して、/opt/netapp/dataディレクトリのサイズを750GB以上に拡張します。
    重要:/opt/netapp/dataディレクトリをNFS共有またはCIFS共有にマウントすることはサポートされていません。
  8. /opt/netapp/dataディレクトリの所有者(mysql)とグループ(root)が変更されていないことを確認します。ls -ltr /opt/netapp/ | grep data
    次のような情報が返されます。
    drwxr-xr-x.  17 mysql root  4096 Aug 28 13:08 data
  9. SE Linuxが有効になっている場合は、/opt/netapp/dataディレクトリのコンテキストがmysqld_db_tに設定されたままであることを確認します。
    1. touch /opt/netapp/data/abc
    2. ls -Z /opt/netapp/data/abc
    次のような情報が返されます。
    -rw-r--r--. root root unconfined_u:object_r:mysqld_db_t:s0 /opt/netapp/data/abc
  10. abcファイルを削除して、この無駄なファイルがデータベース エラーの原因にならないようにします。
  11. 拡張した/opt/netapp/dataディレクトリにbackup-dataの内容をコピーします。cp -arp /backup-data/* /opt/netapp/data/
  12. SE Linuxが有効になっている場合は、次のコマンドを実行します。chcon -R --type=mysqld_db_t /opt/netapp/data
  13. MySQLサービスを開始します。systemctl start mysqld
  14. MySQLサービスが開始されたら、ocieサービスとocieauサービスを次の順序で開始します。systemctl start ocie ocieau
  15. すべてのサービスが開始されたら、バックアップ フォルダ/backup-dataを削除します。rm -rf /backup-data