Unified ManagerがHTTPおよびHTTPSプロトコルに使用するポートの変更

Unified ManagerがHTTPおよびHTTPSプロトコルに使用するデフォルトのポートは、インストール後に変更できます(セキュリティ上必要な場合)。デフォルトのポートは、HTTPの場合は80、HTTPSの場合は443です。

開始する前に

Unified Managerサーバのメンテナンス コンソールへのログインが許可されているユーザIDとパスワードが必要です。

注:Mozilla FirefoxまたはGoogle Chromeブラウザでは、安全でないとみなされるポートがいくつかあります。HTTPトラフィックとHTTPSトラフィックに新しいポート番号を割り当てる前にブラウザで確認してください。安全でないポートを選択すると、システムにアクセスできなくなる可能性があります。その場合、カスタマー サポートに連絡して解決を依頼する必要があります。

タスク概要

ポートを変更するとUnified Managerのインスタンスが自動的に再起動されるため、システムを短時間停止しても問題のないタイミングであることを確認してください。

手順

  1. SSHを使用して、Unified Managerホストにメンテナンス ユーザとしてログインします。
    Unified Managerメンテナンス コンソールにプロンプトが表示されます。
  2. [View/Change Application Ports]メニュー オプションの番号を入力し、Enterキーを押します。
  3. プロンプトが表示されたら、メンテナンス ユーザのパスワードをもう一度入力します。
  4. HTTPポートとHTTPSポートの新しいポート番号を入力し、Enterキーを押します。
    ポート番号を空白のままにした場合は、プロトコルのデフォルトのポートが割り当てられます。
    ポートを変更してUnified Managerをすぐに再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されます。
  5. 「y」を入力してポートを変更し、Unified Managerを再起動します。
  6. メンテナンス コンソールを終了します。

タスクの結果

この変更後にUnified Manager Web UIにアクセスする際にはURLに新しいポート番号を指定する必要があります(例:https://host.company.com:1234、https://12.13.14.15:1122、https://[2001:db8:0:1]:2123など)。