メンテナンス ユーザの役割

Unified ManagerをRed Hat Enterprise LinuxまたはCentOSシステムにインストールする場合、インストール時にメンテナンス ユーザが作成されます。メンテナンス ユーザの名前は「umadmin」です。メンテナンス ユーザは、Web UIでアプリケーション管理者のロールを割り当てられ、他のユーザを作成してロールを割り当てることができます。

メンテナンス ユーザまたはumadminユーザは、Unified Managerのメンテナンス コンソールにもアクセスできます。