ONTAP EMSイベントへの登録

ONTAPソフトウェアがインストールされているシステムで生成されたEvent Management System(EMS;イベント管理システム)イベントを受け取るように登録することができます。一部のEMSイベントはUnified Managerに自動的に報告されますが、それ以外のEMSイベントは登録している場合にのみ報告されます。

開始する前に

同じ問題に対するイベントを2つ受け取って混乱を招く可能性があるため、Unified Managerにすでに自動的に追加されているEMSイベントは登録しないでください。

タスク概要

EMSイベントはいくつでも登録できます。登録したすべてのイベントが検証され、検証済みのイベントだけがUnified Managerで監視しているクラスタに適用されます。『ONTAP 9 EMSイベント カタログ』には、指定したバージョンのONTAP 9ソフトウェアのすべてのEMSメッセージに関する詳細な情報が記載されています。該当するイベントの一覧については、ONTAP 9製品ドキュメントのページから該当するバージョンの『EMSイベント カタログ』を参照してください。

ONTAP 9製品ライブラリ

登録したONTAP EMSイベントにアラートを設定したり、それらのイベントに対して実行するカスタム スクリプトを作成したりできます。

注:登録したONTAP EMSイベントが届かない場合は、クラスタのDNS設定に問題があり、クラスタからUnified Managerサーバに到達できなくなっていることが考えられます。その場合は、クラスタ管理者がクラスタのDNS設定を修正し、Unified Managerを再起動する必要があります。これにより、保留中のEMSイベントがUnified Managerサーバに送信されます。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、[ストレージ管理] > [イベント セットアップ]をクリックします。
  2. [イベント セットアップ]ページで、[EMS イベントにサブスクライブ]ボタンをクリックします。
  3. [EMS イベントにサブスクライブ]ダイアログ ボックスで、登録するONTAP EMSイベントの名前を入力します。
    登録可能なEMSイベントの名前を確認するには、ONTAPのクラスタ シェルでevent route showコマンド(ONTAP 9より前)またはevent catalog showコマンド(ONTAP 9以降)を使用します。個々のEMSイベントを特定する詳しい手順については、ナレッジ ベースの回答1072320を参照してください。
  4. [追加]をクリックします。
    EMSイベントが[サブスクライブ済み EMS イベント]リストに追加されます。ただし、この時点では、追加したEMSイベントの[クラスタに該当]列のステータスは「不明」と表示されます。
  5. [保存して閉じる]をクリックして、EMSイベントの登録内容をクラスタに登録します。
  6. [EMS イベントにサブスクライブ]をもう一度クリックします。
    追加したEMSイベントの[クラスタに該当]列のステータスが「はい」に変わります。

    ステータスが「はい」にならない場合は、ONTAP EMSイベントの名前に間違いがないかを確認します。入力した名前に間違いがあった場合は、そのイベントを削除して追加し直す必要があります。

終了後の操作

ONTAP EMSイベントが発生すると、そのイベントが[イベント]ページに表示されます。イベントを選択すると、EMSイベントに関する詳細を[イベントの詳細]ページで確認できます。イベントの処理を管理したり、イベントのアラートを作成したりすることもできます。