メンテナンス コンソールへのアクセス

Unified Managerユーザ インターフェイスが動作状態でない場合、またはこのユーザ インターフェイスにない機能を実行する必要がある場合は、メンテナンス コンソールにアクセスしてUnified Managerシステムを管理できます。

開始する前に

Unified Managerをインストールして設定しておく必要があります。

タスク概要

15分間操作しないと、メンテナンス コンソールからログアウトされます。

注: VMwareにインストールした場合、VMwareコンソールからメンテナンス ユーザとしてすでにログインしているときは、Secure Shellを使用して同時にログインできません。

手順

次の手順に従ってメンテナンス コンソールにアクセスします。
オペレーティング システム 手順
VMware
  1. Secure Shellを使用して、Unified Manager仮想アプライアンスのIPアドレスまたは完全修飾ドメイン名に接続します。
  2. メンテナンス ユーザ名とパスワードを使用してメンテナンス コンソールにログインします。
Linux
  1. Secure Shellを使用して、Unified ManagerシステムのIPアドレスまたは完全修飾ドメイン名に接続します。
  2. メンテナンス ユーザ(umadmin)の名前とパスワードでシステムにログインします。
  3. コマンドmaintenance_consoleを入力し、Enterキーを押します。
Windows
  1. 管理者のクレデンシャルでUnified Managerシステムにログインします。
  2. Windows管理者としてPowerShellを起動します。
  3. コマンドmaintenance_consoleを入力し、Enterキーを押します。
Unified Managerメンテナンス コンソール メニューが表示されます。