Snapshot バックアップをリストアしています

データ損失やデータ破損が発生した場合、Unified Managerを以前の安定した状態にリストアすることでデータ損失を最小限に抑えることができます。Unified ManagerUnified Manager

開始する前に

タスク概要

リストア機能は、プラットフォームおよびバージョンに固有の機能です。Unified Managerのバックアップは、同じバージョンのUnified Managerにのみリストアできます。

手順

  1. Secure Shellを使用して、Unified ManagerシステムのIPアドレスまたは完全修飾ドメイン名に接続します。
  2. メンテナンス ユーザ(umadmin)の名前とパスワードでシステムにログインします。
  3. コマンドmaintenance_consoleを入力し、Enterキーを押します。
  4. メンテナンスコンソール のメインメニュー、バックアップリストア オプションの番号を入力します。
  5. NetApp Snapshot を使用したバックアップとリストアの数を入力します。
    新しいサーバへのリストアを実行する場合は、Unified Managerのインストールの完了後に、UIを起動したり、クラスタ、ユーザ、または認証設定を設定したりしないでください。「 Configure NetApp Snapshot Backup 」の番号を入力し、元のシステムで設定した Snapshot バックアップの設定を行います。
  6. NetApp Snapshot を使用したリストアの数を入力します。
  7. リストアする Snapshot バックアップファイルを選択し、 Enter キーを押します。
  8. リストアプロセスが完了 Unified Manager したら、 Unified Manager ユーザインターフェイスにログインします。

終了後の操作

バックアップをリストアしたあとにOnCommand Workflow Automationサーバが動作しなくなった場合は、次の手順を実行します。
  1. Workflow Automationサーバで、Unified ManagerサーバのIPアドレスを最新のマシンを参照するように変更します。
  2. 手順1で取得に失敗した場合は、Unified Managerサーバでデータベース パスワードをリセットします。