データベース リストアとは

MySQL データベースのリストアとは Unified ManagerUnified Managerサーバ、既存の Unified Manager バックアップファイルを同じまたは別の Unified Manager サーバにリストアする処理です。リストア処理 Unified Manager は Unified Manager メンテナンスコンソールから実行します。

同じ(ローカル)システムでリストア処理を実行する場合、バックアップファイルがすべてローカルに保存されていれば、デフォルトの場所を使用してリストアオプションを実行できます。別 Unified Manager の Unified Manager システム(リモートシステム)でリストア処理を実行する場合は、リストアオプションを実行する前に、バックアップファイルをセカンダリストレージからローカルディスクにコピーする必要があります。

リストア処理の実行中はUnified Managerからログアウトされます。リストア処理が完了したら、システムにログインできます。

リストア機能は、バージョンおよびプラットフォームに固有の機能です。Unified Manager の MySQL バックアップ Unified Managerは、同じバージョンの Unified Manager にのみリストアできます。Unified Managerでは、次のプラットフォームにおけるバックアップとリストアをサポートしています。

バックアップイメージ Unified Managerサーバを新しいサーバにリストアする場合は、リストア処理の完了後に新しい HTTPS セキュリティ証明書を生成して Unified Manager サーバを再起動する必要があります。また、バックアップイメージを新しいサーバにリストアするときに、必要に応じて SAML 認証の設定を再設定する必要があります。

注: Unified Managerソフトウェアを新しいバージョンにアップグレードしたあとに、古いバックアップ ファイルを使用してイメージをリストアすることはできません。スペースを節約 Unified Managerするために、 Unified Manager をアップグレードすると、最新のファイルを除く古いバックアップファイルがすべて自動的に削除されます。