ボリュームのグローバル健全性しきい値の設定

すべてのボリュームに対するグローバル健全性しきい値を設定して、しきい値の違反を追跡することができます。健全性しきい値の違反が発生すると該当するイベントが生成されるため、それらのイベントに基づいて予防策を講じることが可能です。監視対象のすべてのボリュームに適用されるしきい値について、ベストプラクティスの設定に基づいてグローバルな値を設定することができます。

開始する前に

アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

タスク概要

ほとんどのしきい値のオプションは、効果的に監視できるようにデフォルトで値が設定されています。ただし、それぞれの環境の要件に合わせて値を変更することができます。

ボリュームで自動拡張が有効になっている場合は、元のボリューム サイズではなく、自動拡張で設定された最大ボリューム サイズに基づいて、容量のしきい値を超えているかどうかが判定されることに注意してください。

注意: デフォルト値の 1000 Snapshot コピーは、 ONTAP バージョン 9.4 以降の FlexVol 、および ONTAP バージョン 9.8 以降の FlexGroup ボリュームにのみ適用されます。古いバージョンの ONTAP ソフトウェアがインストールされたクラスタの場合、ボリュームあたりの Snapshot コピーの最大数は 250 です。このような古いバージョンでは、 Unified Manager はこの数 1000 (および 1000 ~ 250 の任意の数)を 250 と解釈します。つまり、 Snapshot コピーの数が 250 に達してもイベントは引き続き受信します。 これらの古いバージョン [健全性:すべてのボリューム]ビュー[ボリューム / 健全性の詳細]ページでこのしきい値を 250 未満に設定する場合は、しきい値を 250 以下に設定する必要があります。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、イベントしきい値 > ボリューム
  2. 容量、Snapshotコピー、qtreeクォータ、ボリューム増加率、およびinodeのしきい値を必要に応じて設定します。
  3. [Save]をクリックします。