Active IQ Unified Managerでの作業の開始

Active IQ Unified Managerには、サポート対象のストレージ システム上のストレージ リソースをRESTful Webサービス インターフェイスを介して管理することにより、あらゆるサードパーティ製品と統合するための一連のAPIが用意されています。

Unified Manager API開発者ガイドには、APIに関する情報とサンプル コードが記載されています。このガイドに記載されている情報を使用して、ネットアップ システムを管理するためのネットアップ管理ソフトウェア ソリューションを備えたRESTfulクライアントを作成できます。APIは、Representational State Transfer(REST)アーキテクチャ スタイルに基づいています。

Unified Managerには、ネットアップ環境におけるストレージ管理のためのAPIが用意されています。Create、Read、Update、Delete(CRUDとも呼ばれる)の4つすべてのREST処理がサポートされています。