パフォーマンス サービス レベルの管理

Active IQ Unified Managerでストレージ プロバイダAPIを使用して、パフォーマンス サービス レベルを表示、作成、変更、および削除できます。

パフォーマンス サービス レベルの表示

ストレージ ワークロードに割り当てる際にパフォーマンス サービス レベルを表示するには、次のメソッドを使用します。このAPIは、システム定義およびユーザ作成のパフォーマンス サービス レベルをすべて表示し、すべてのパフォーマンス サービス レベルの属性を取得します。特定のパフォーマンス サービス レベルを照会する場合は、パフォーマンス サービス レベルの一意のIDを入力して詳細を取得する必要があります。

カテゴリ HTTP動詞 パス
storage-provider GET

/storage-provider/performance-service-levels

/storage-provider/performance-service-levels/{key}

パフォーマンス サービス レベルの追加

システム定義のパフォーマンス サービス レベルが、ストレージ ワークロードに必要なサービス レベル目標(SLO)を満たしていない場合は、次のメソッドでカスタム パフォーマンス サービス レベルを作成し、ストレージ ワークロードに割り当てることができます。作成するパフォーマンス サービス レベルの詳細を入力します。IOPSプロパティには、有効な値の範囲を入力してください。

カテゴリ HTTP動詞 パス
storage-provider POST /storage-provider/performance-service-levels

パフォーマンス サービス レベルの削除

特定のパフォーマンス サービス レベルを削除するには、次のメソッドを使用します。ワークロードに割り当てられている場合、または他に使用可能なパフォーマンス サービス レベルがない場合、そのパフォーマンス サービス レベルは削除できません。特定のパフォーマンス サービス レベルを削除するには、パフォーマンス サービス レベルの一意のIDを入力パラメータとして指定する必要があります。

カテゴリ HTTP動詞 パス
storage-provider DELETE /storage-provider/performance-service-levels/{key}

パフォーマンス サービス レベルの変更

パフォーマンス サービス レベルを変更し、そのプロパティを更新するには、次のメソッドを使用します。システム定義のパフォーマンス サービス レベル、またはワークロードに割り当てられているパフォーマンス サービス レベルは変更できません。特定のパフォーマンス サービス レベルを変更するには、その一意のIDを指定する必要があります。また、更新するIOPSプロパティと有効な値も入力する必要があります。

カテゴリ HTTP動詞 パス
storage-provider PATCH /storage-provider/performance-service-levels/{key}

パフォーマンス サービス レベルに基づくアグリゲート機能の表示

パフォーマンス サービス レベルに基づいてアグリゲート機能を照会するには、次のメソッドを使用します。このAPIは、データセンターで使用できるアグリゲートのリストを返し、それらのアグリゲートでサポートできるパフォーマンス サービス レベルに関する機能を示します。ボリュームでワークロードをプロビジョニングする際に、特定のパフォーマンス サービス レベルをサポートするアグリゲートの機能を表示し、その機能に基づいてワークロードをプロビジョニングできます。アグリゲートを指定できるのは、APIを使用してワークロードをプロビジョニングする場合のみです。この機能はUnified Manager Web UIでは使用できません。

カテゴリ HTTP動詞 パス
storage-provider GET

/storage-provider/aggregate-capabilities

/storage-provider/aggregate-capabilities/{key}