ストレージ管理の一般的なワークフロー

この一般的なワークフローは、クライアント アプリケーション開発者向けに、クライアント アプリケーションからActive IQ Unified Manager APIを呼び出して一般的なストレージ管理機能を実行する方法を示します。ここでは、いくつかのサンプル ワークフローについて説明します。

ワークフローごとに、代表的なストレージ管理のユースケースと、使用するサンプル コードを記載します。各タスクについて、1つ以上のAPI呼び出しで構成されるワークフロー プロセスを使用して説明します。

ワークフローで使用されるAPI呼び出しの概要

Unified Managerインスタンスから、すべてのREST API呼び出しの詳細を含むオンライン ドキュメント ページを表示できます。このドキュメントでは、オンライン ドキュメントの詳細については説明しません。このドキュメントのワークフロー サンプルで使用されている各API呼び出しには、ドキュメント ページで呼び出しを検索するために必要な情報だけが含まれています。特定のAPI呼び出しを検索すると、入力パラメータ、出力形式、HTTPステータス コード、要求処理タイプなど、その呼び出しのすべての詳細を確認できます。

ワークフロー内の各API呼び出しについて、ドキュメント ページで検索するのに役立つ次の情報が含まれています。