ONTAPのストレージ リソース

ONTAPのストレージ リソースは、物理ストレージ リソース論理ストレージ リソースに大きく分類できます。Active IQ Unified Managerに付属のAPIを使用してONTAPシステムを効果的に管理するには、ストレージ リソース モデルと、さまざまなストレージ リソース間の関係を理解する必要があります。

物理ストレージ リソース
ONTAPが提供する物理ストレージ オブジェクトのことです。物理ストレージ リソースには、ディスク、クラスタ、ストレージ コントローラ、ノード、およびアグリゲートがあります。
論理ストレージ リソース
物理リソースに関連付けられていない、ONTAPが提供するストレージ リソースのことです。これらのリソースはStorage Virtual Machine(SVM、旧Vserver)に関連付けられており、ディスク、アレイLUN、アグリゲートなどの特定の物理ストレージ リソースには紐付けられていません。

論理ストレージ リソースには、すべてのタイプのボリュームとqtreeだけでなく、Snapshotコピー、重複排除、圧縮、クォータなど、これらのリソースで使用できる機能および設定も含まれます。

次の図は、2ノード クラスタのストレージ リソースを示しています。