データセンターの管理

datacenterカテゴリのREST APIは、データセンター内のクラスタ、ノード、アグリゲート、ボリューム、LUN、ファイル共有、ネームスペースなどの要素に関する情報を提供します。これらのAPIは、データセンター内の設定の照会、追加、削除、または変更に使用できます。

これらのAPIの大半はクラスタをまたいだ集計値を提供するGET呼び出しで、フィルタ、ソート、およびページ付けをサポートします。これらのAPIを実行すると、データベースからデータが返されます。したがって、新たに作成されたオブジェクトは、次の取得サイクルで検出されるまで応答に表示されません。

特定のオブジェクトの詳細を照会するには、そのオブジェクトの一意のIDを入力する必要があります。次に例を示します。
curl -X GET "https://<hostname>/api/datacenter/cluster/clusters/4c6bf721-2e3f-11e9-a3e2-00a0985badbb" -H "accept: application/json" -H "Authorization: Basic <Base64EncodedCredentials>"
注: cURLコマンド、例、要求、およびAPIへの応答は、Swagger APIインターフェイスで参照できます。Swaggerにも記載されているとおり、結果を特定のパラメータでフィルタおよび順序付けすることができます。これらのAPでは、クラスタ、ボリューム、Storage VMなどの特定のストレージ オブジェクトについての結果をフィルタできます。
HTTP動詞 パス 説明
GET

/datacenter/cluster/clusters

/datacenter/cluster/clusters/{key}

このメソッドを使用して、データセンター全体のONTAPクラスタの詳細を表示できます。API は、クラスタの IPv4 アドレスや IPv6 アドレス、ノードの健全性、パフォーマンス容量、ハイアベイラビリティ( HA )ペアなどのノードに関する情報を返し、クラスタがオール SAN アレイかどうかを示します。

GET

/datacenter/cluster/nodes

/datacenter/cluster/nodes/{key}

このメソッドを使用して、データセンター内のノードの詳細を表示できます。ノードのクラスタ、ノードの健全性、パフォーマンス容量、およびハイアベイラビリティ( HA )ペアに関する情報を表示できます。

GET

/datacenter/protocols/cifs/shares

/datacenter/protocols/cifs/shares/{key}

このメソッドを使用して、データセンター内のCIFS共有の詳細を表示できます。クラスタ、 SVM 、およびボリュームの詳細以外にも、アクセス制御リスト( ACL )に関する情報が返されます。

GET

/datacenter/protocols/nfs/export-policies

/datacenter/protocols/nfs/export-policies/{key}

このメソッドを使用して、サポートされているNFSサービスのエクスポート ポリシーの詳細を表示できます。

このメソッドを使用して、クラスタまたはStorage VMのエクスポート ポリシーを照会し、NFSファイル共有のプロビジョニングに使用できます。ワークロードでのエクスポート ポリシーの割り当てと再利用の詳細については、CIFSおよびNFSファイル共有のプロビジョニングを参照してください。

GET

/datacenter/storage/aggregates

/datacenter/storage/aggregates/{key}

このメソッドを使用して、データセンター内のすべてのアグリゲートまたは特定のアグリゲートを表示し、ワークロードのプロビジョニングや監視を行うことができます。クラスタとノードの詳細、使用済みパフォーマンス容量、使用可能なスペースと使用済みのスペース、 Storage Efficiency などの情報が返されます。

GET

/datacenter/storage/luns

/datacenter/storage/luns/{key}

このメソッドを使用して、データセンター全体のすべてのLUNを表示できます。クラスタと SVM の詳細、 QoS ポリシー、 igroup など、 LUN に関する情報を表示できます。

GET

/datacenter/storage/qos/policies

/datacenter/storage/qos/policies/{key}

このメソッドを使用して、データセンター内のストレージオブジェクトに適用可能なすべての QoS ポリシーの詳細を表示できます。クラスタと SVM の詳細、固定またはアダプティブのポリシーの詳細、そのポリシーに該当するオブジェクトの数などの情報が返されます。

GET

/datacenter/storage/qtrees

/datacenter/storage/qtrees/{key}

このメソッドを使用して、すべての FlexVol または FlexGroup ボリュームについて、データセンター全体の qtree の詳細を表示できます。クラスタと SVM の詳細、 FlexVol ボリューム、エクスポートポリシーなどの情報が返されます。

GET

/datacenter/storage/volumes

/datacenter/storage/volumes/{key}

このメソッドを使用して、データセンター内のすべてのボリュームを表示できます。SVM やクラスタ read-write, data-protection, or load-sharingの詳細、 QoS ポリシーとエクスポートポリシー、ボリュームのタイプがであるかどうかなど、ボリュームに関する情報が返されます。

FlexVol および FlexClone ボリュームについては、それぞれのアグリゲートに関する情報を表示できます。FlexGroup ボリュームの場合、コンスティチュエントアグリゲートのリストが表示されます。

GET

POST

DELETE

PATCH

/datacenter/protocols/san/igroups

/datacenter/protocols/san/igroups/{key}

特定のLUNターゲットへのアクセスを許可されたイニシエータ グループ(igroup)を割り当てることができます。既存のigroupがある場合は、そのigroupを割り当てることができます。igroupを作成して、LUNに割り当てることもできます。

これらのメソッドを使用して、igroupの照会、作成、削除、および変更を実行できます。

注意事項:

  • POST:igroupの作成中に、アクセスを割り当てるStorage VMを指定できます。
  • DELETE:特定のigroupを削除するには、入力パラメータとしてigroupキーを指定する必要があります。すでにLUNに割り当てられているigroupは削除できません。
  • PATCH:特定のigroupを変更するには、入力パラメータとしてigroupキーを指定する必要があります。また、更新するプロパティとその値を入力する必要があります。

GET

POST

DELETE

PATCH

/datacenter/svm/svms

/datacenter/svm/svms/{key}

これらのメソッドを使用して、Storage Virtual Machine(Storage VM)を表示、作成、削除、および変更できます。

注意事項:

  • POST:作成するStorage VMオブジェクトを入力パラメータとして指定する必要があります。カスタムのStorage VMを作成して、必要なプロパティを割り当てることができます。
    注: 環境で SLO ベースのワークロードプロビジョニングを有効にしている場合、 Storage VM の作成時に、 CIFS または SMB 、 NFS 、 FCP 、 iSCSI など、 LUN とファイル共有のプロビジョニングに必要なすべてのプロトコルが環境でサポートされていることを確認してください。Storage VMが必要なサービスをサポートしていないと、プロビジョニング ワークフローが失敗することがあります。対応するワークロード タイプのサービスも有効にすることを推奨します。
  • DELETE:特定のStorage VMを削除するには、Storage VMキーを指定する必要があります。
    注: 環境でSLOベースのワークロード プロビジョニングを有効にしている場合、ストレージ ワークロードがプロビジョニングされているStorage VMは削除できません。CIFS または SMB サーバが設定されている Storage VM を削除すると、ローカルの Active Directory 設定に加えて CIFS サーバまたは SMB サーバも削除されます。ただし、 CIFS サーバまたは SMB サーバの名前は Active Directory 設定に残っているため、 Active Directory サーバから手動で削除する必要があります。
  • PATCH:特定のStorage VMを変更するには、Storage VMキーを指定する必要があります。また、更新するプロパティとそれらの値を入力する必要があります。