ワークロード管理のワークフロー

Active IQ Unified Managerを使用して、ストレージ ワークロード(LUN、NFSファイル共有、CIFS共有)をプロビジョニングおよび変更できます。プロビジョニングは、Storage Virtual Machine(SVM)の作成から、ストレージ ワークロードへのパフォーマンス サービス レベル ポリシーとストレージ効率化ポリシーの適用まで、複数の手順で構成されます。ワークロードの変更は、特定のパラメータの変更と、パラメータでの追加機能の有効化で構成されます。

次のワークフローについて説明します。

注: 各プロビジョニング ワークフロー(LUNおよびファイル共有)では、クラスタのSVMを確認するワークフローを完了しておく必要があります。

また、ワークフローで各APIを使用する前に、推奨事項と制限事項を確認しておく必要があります。APIの詳細については、関連する概念および資料に記載されている個々のセクションを参照してください。