アクセス エンドポイントの管理

Storage Virtual Machine(SVM)、LUN、およびファイル共有のプロビジョニングに必要な、アクセス エンドポイントまたは論理インターフェイス(LIF)を作成する必要があります。Active IQ Unified Manager環境でSVM、LUN、またはファイル共有のアクセス エンドポイントを表示、作成、変更、および削除できます。

アクセス エンドポイントの表示

Unified Manager環境のアクセス エンドポイントのリストを表示するには、次のメソッドを使用します。特定のSVM、LUN、またはファイル共有のアクセス エンドポイントのリストを照会するには、SVM、LUN、またはファイル共有の一意の識別子を入力する必要があります。一意のアクセス エンドポイント キーを入力して、特定のアクセス エンドポイントの詳細を取得することもできます。

カテゴリ HTTP動詞 パス
storage-provider GET

/storage-provider/access-endpoints

/storage-provider/access-endpoints/{key}

アクセス エンドポイントの追加

カスタムのアクセス エンドポイントを作成して、必要なプロパティを割り当てることができます。作成するアクセス エンドポイントの詳細を、入力パラメータとして指定する必要があります。このAPIや、System ManagerまたはONTAP CLIを使用して、各ノードにアクセス エンドポイントを作成できます。アクセス エンドポイントの作成では、IPv4アドレスとIPv6アドレスの両方がサポートされます。

注: LUNとファイル共有をプロビジョニングするためには、SVMにノードあたりの最小アクセス エンドポイント数を設定する必要があります。SVMには、ノードごとに少なくとも2つのアクセス エンドポイントを設定する必要があります。1つはCIFSプロトコルおよび/またはNFSプロトコルをサポートし、もう1つはiSCSIプロトコルまたはFCPプロトコルをサポートします。
カテゴリ HTTP動詞 パス
storage-provider POST /storage-provider/access-endpoints

アクセス エンドポイントの削除

特定のアクセス エンドポイントを削除するには、次のメソッドを使用します。特定のアクセス エンドポイントを削除するには、入力パラメータとしてアクセス エンドポイント キーを指定する必要があります。

カテゴリ HTTP動詞 パス
storage-provider DELETE /storage-provider/access-endpoints/{key}

アクセス エンドポイントの変更

アクセス エンドポイントを変更し、そのプロパティを更新するには、次のメソッドを使用します。特定のアクセス エンドポイントを変更するには、アクセス エンドポイント キーを指定する必要があります。また、更新するプロパティとその値を入力する必要があります。

カテゴリ HTTP動詞 パス
storage-provider PATCH /storage-provider/access-endpoints/{key}