LUNの管理

/storage-provider/luns API を使用して、データセンター環境内の LUN を表示、追加、変更、および削除できます。

LUN をプロビジョニングする前に、 SVM が作成され、サポートされるプロトコルでプロビジョニングされていることを確認してください。パフォーマンス サービス レベルPSLストレージ効率化ポリシー海psプロビジョニング時 PSL海ps に()または()を割り当てる場合は、 LUN を作成する前にまたはを作成する必要があります。

LUNの表示

Unified Manager 環境の LUN を表示するには、次のメソッドを使用します。Active IQ Unified ManagerのデータソースとしてONTAPクラスタを追加すると、それらのクラスタのストレージ ワークロードがUnified Managerインスタンスに自動的に追加されます。この API は Unified Manager インスタンスに自動および手動で追加されたすべての LUN を取得します。特定のLUNの詳細を表示するには、LUNキーを指定してこのAPIを実行します。

カテゴリ HTTP動詞 パス
storage-provider GET

/storage-provider/luns

/storage-provider/luns/{key}

LUNの追加

SVMにLUNを追加するには、次のメソッドを使用します。

カテゴリ HTTP動詞 パス
storage-provider POST /storage-provider/luns
注: cURL要求で、入力にオプションのパラメータvolume_name_tagの値を指定すると、LUNの作成でボリュームの名前を指定する際にその値が使用されます。このタグにより、ボリュームを簡単に検索できるようになります。要求にボリューム キーを指定した場合、このタギングは省略されます。

LUNの削除

特定のLUNを削除するには、次のメソッドを使用します。特定のLUNを削除するには、LUNキーを指定する必要があります。

注: ONTAPでボリュームを作成し、そのボリュームでUnified Managerを使用してLUNをプロビジョニングした場合、このAPIを使用してすべてのLUNを削除すると、ボリュームもONTAPクラスタから削除されます。
カテゴリ HTTP動詞 パス
storage-provider DELETE /storage-provider/luns/{key}

LUNの変更

LUNを変更してそのプロパティを更新するには、次のメソッドを使用します。特定のLUNを変更するには、LUNキーを指定する必要があります。また、更新するLUNプロパティとその値を入力する必要があります。このAPIを使用してLUNアレイを更新する場合は、APIの使用に関する推奨事項に記載された推奨事項を確認する必要があります。

注: このAPIの1回の呼び出しで更新できるプロパティは1つだけです。複数更新する場合は、このAPIを繰り返し実行する必要があります。
カテゴリ HTTP動詞 パス
storage-provider PATCH /storage-provider/luns/{key}