Active IQ Unified Managerで提供されるRESTサービス

Active IQ Unified Manager APIの使用を開始する前に、提供されるRESTサービスと処理について理解しておく必要があります。

APIサーバの設定に使用されるプロビジョニングAPIと管理APIでは、読み取り(GET)処理または書き込み(POST、PATCH、DELETE)処理がサポートされます。APIでサポートされるGET、PATCH、POST、およびDELETE処理のいくつかの例を次に示します。

APIを使用して実行できるREST処理は、ユーザ ロール(オペレータ、ストレージ管理者、またはアプリケーション管理者)によって異なります。
ユーザ ロール サポートされるRESTメソッド
Operator データへの読み取り専用アクセス。このロールのユーザは、すべてのGET要求を実行できます。
ストレージ管理者

すべてのデータへの読み取りアクセス。このロールのユーザは、すべてのGET要求を実行できます。

また、管理、ストレージ サービス オブジェクト、ストレージ管理オプションなどの特定のアクティビティを実行するための書き込みアクセス(PATCH、POST、およびDELETE要求を実行するため)が可能です。

アプリケーション管理者 すべてのデータへの読み取りおよび書き込みアクセス。このロールのユーザは、すべての機能に対する GET 、 PATCH 、 POST 、および DELETE 要求を実行できます。

すべてのREST処理の詳細については、オンラインのAPIドキュメントを参照してください。