ユーザの管理

security カテゴリ Active IQ Unified Managerの API を使用して、 Active IQ Unified Manager 内の選択したクラスタオブジェクトへのユーザアクセスを制御できます。ローカルユーザまたはデータベースユーザを追加できます。また、認証サーバに属するリモート ユーザやリモート グループを追加することもできます。ユーザに割り当て Unified Managerたロールの権限に基づいて、ストレージオブジェクトを管理したり、 Unified Manager でデータを表示したりできます。

注: これらの処理を実行するには、アプリケーション管理者ロールが必要です。Unified Manager また、 Unified Manager Web UI を使用してこれらの設定を行うこともできます。

security カテゴリの API userskey では、ユーザエンティティの一意の識別子としてパラメータではなく、ユーザ名のパラメータを使用します。

HTTP動詞 パス 説明

GET

POST

/security/users

/security/users

これら Unified Managerのメソッドを使用して、ユーザの詳細を取得したり、 Unified Manager に新しいユーザを追加したりできます。

ユーザのタイプに基づいて、ユーザに特定のロールを追加できます。ユーザを追加する際には、ローカルユーザ、メンテナンスユーザ、およびデータベースユーザのパスワードを指定する必要があります。

GET

PATCH

DELETE

/security/users/{name}

GET メソッドを使用すると、名前、 E メールアドレス、ロール、認証タイプなど、ユーザのすべての詳細を取得できます。PATCH メソッドを使用すると、詳細を更新できます。DELETE メソッドを使用すると、ユーザを削除できます。