EPELリポジトリの手動設定

Unified ManagerをインストールするシステムがExtra Packages for Enterprise Linux(EPEL)リポジトリにアクセスできない場合、インストールが成功するためにはリポジトリを手動でダウンロードして設定する必要があります。

タスク概要

EPELリポジトリは、システムにインストールする必要があるサードパーティ ユーティリティへのアクセスを提供します。Unified ManagerをRed HatとCentOSのどちらのシステムにインストールする場合もEPELリポジトリを使用します。

手順

  1. インストールに対応する EPEL リポジトリをダウンロードします。Red Hat Enterprise Linux 7 の場合は、次のサイトからダウンロードします。バージョン 8 の場合は、次のサイトからダウンロードします。 wget https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpmwget https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-8.noarch.rpm
  2. EPELリポジトリを設定します。 yum install epel-release-latest-<version>.noarch.rpm

終了後の操作

Red Hat Enterprise Linux 8 システムの場合 javapackages-filesystem-<version>.module.rpm、たとえばモジュラ RPM パッケージを含む内部リポジトリがある場合は、モジュラパッケージのメタデータを同じリポジトリでも使用できることを確認します。