MySQLのアップグレード

Unified ManagerがインストールされているWindowsサーバでMySQLを新しいバージョンにアップグレードすることで、セキュリティの脆弱性に対する修正を入手できます。マイナーアップグレードの場合、 MySQL の基本バージョンは 8.0.21 以降である必要があります。システムにインストール Unified Manager旧バージョンから 8.0.21 への MySQL のスタンドアロンアップグレードは実行しないでください。

開始する前に

注: システムにインストールされている MySQL のバージョンが 5.7 の場合は、 MySQL をバージョン 8.0.21 に直接アップグレードしないでください。アップグレードするとアプリケーション データが失われます。

手順

  1. Unified Managerホスト マシンにadminユーザとしてログインします。
  2. 該当するバージョンのMySQLをターゲット システムにダウンロードします。
  3. Windowsの[サービス]コンソールを使用して、Unified Managerの次のサービスを停止します。
    • NetApp Active IQ Acquisition Service(Ocie-au)
    • NetApp Active IQ Management Server Service(Oncommandsvc)
    • MYSQL8
  4. .msiパッケージをクリックし、画面の指示に従ってMySQLのアップグレードを完了します。
  5. Windowsの[サービス]コンソールを使用して、Unified Managerの次のサービスを開始します。
    • MYSQL8
    • NetApp Active IQ Management Server Service(Oncommandsvc)
    • NetApp Active IQ Acquisition Service(Ocie-au)