Snapshotの自動削除がオフで容量がフルに近づいているボリュームを特定するレポートの作成

Snapshotの自動削除機能が無効になっていて容量がフルに近づいているボリュームをリストするレポートを作成できます。このレポートは、 Snapshot の自動削除を設定する必要があるボリュームを特定するのに役立ちます。

開始する前に

タスク概要

次の手順を実行して、必要な列を正しい順序で表示するカスタム ビューを作成し、そのビューのレポートを生成するようにスケジュール設定します。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、[ストレージ] > [ボリューム]をクリックします。
  2. [表示]メニューで、[容量] > [すべてのボリューム]を選択します。
  3. [表示 / 非表示]を選択して、レポートに不要な列を削除します。
  4. Snapshotの自動削除列とフルまでの日数列を、使用可能なデータ容量列の近くにドラッグ アンド ドロップします。
  5. フィルタアイコンをクリック [フィルタを適用]して次の 2 つのフィルタを追加し、をクリックします。
    • フルまでの日数が30日未満
    • Snapshotの自動削除が無効
  6. [フルまでの日数]列の上部をクリックして、残りの日数が最も少ないボリュームがリストの先頭に表示されるようにします。
  7. ビューの内容を表す名前でビューを保存します(例:Vols near capacity)。
  8. [スケジュール済みレポート] インベントリページのボタンをクリックします。
  9. レポートスケジュールの名前を入力し、他のレポートフィールドに情報を入力して、行の最後にあるチェックマーク()をクリックします。
    テスト レポートがすぐに送信されます。以降、指定した頻度でレポートが生成され、リスト内の受信者にEメールで送信されます。

終了後の操作

レポートに表示された結果を基に、ボリュームでSnapshotの自動削除を有効にしたり、使用可能なスペースを増やす方法を特定したりすることができます。