レポートのクイック スタート

サンプルのカスタム レポートを作成して、各ビューの内容とレポートのスケジュール設定について学びます。このクイック スタートのレポートでは、アクセス頻度の低いコールド データが相当量あり、クラウド階層への移動を検討するボリュームを特定します。[パフォーマンス:すべてのボリューム]ビューを開き、フィルタと列を使用してビューをカスタマイズし、カスタム ビューをレポートとして保存し、レポートを週1回共有するようにスケジュール設定します。

開始する前に

タスク概要

以下の手順に従って、次の操作を実行します。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、[ストレージ] > [ボリューム]をクリックします。
  2. [表示]メニューで、[パフォーマンス] > [すべてのボリューム]を選択します。
  3. [表示 / 非表示]をクリックして、ディスク タイプ列がビューに表示されていることを確認します。
    列を追加または削除して、レポートに必要なフィールドを含むビューを作成します。
  4. ディスク タイプ列をクラウドの推奨事項列の横にドラッグします。
  5. フィルタアイコンをクリック [フィルタを適用]して次の 3 つのフィルタを追加し、をクリックします。
    • ディスク タイプにFabricPoolが含まれる
    • クラウドに関する推奨事項に階層が含まれる
    • コールド データが10GBを超える
    各フィルタは論理積で結合され、すべての条件を満たすボリュームだけが返されます。最大 5 つのフィルタを追加できます。
  6. [コールド データ]列の上部をクリックして結果をソートし、コールド データの量が最も多いボリュームがビューの先頭に表示されるようにします。
  7. ビューをカスタマイズ すると、ビュー名は [ 保存されていないビュー ] になります。ビューの内容を表す名前に変更します(例:Vols change tiering policy)。完了 したら、チェックマークをクリックするか、 Enter キーを押してビューを新しい名前で保存します。
  8. レポートを CSV 、 Excel 、または PDF ファイルとしてダウンロードして、スケジュール設定または共有する前に内容を確認します。
    Microsoft Excel ( CSV または Excel )や Adobe Acrobat ( PDF )などのインストールされているアプリケーションでファイルを開くか、ファイルを保存します。
    注: ビューを Excel ファイルとしてダウンロードすると、複雑なフィルタ、ソート、ピボットテーブル、グラフを使用してレポートをさらにカスタマイズできます。Excel でファイルを開いたら、高度な機能を使用してレポートをカスタマイズします。問題がなければ、 Excel ファイルをアップロードします。このファイルはカスタマイズされており、レポートの実行時にビューに適用されます。

    Excel を使用 したレポートのカスタマイズの詳細については、「 Microsoft Excel レポートのサンプル」を参照してください。

  9. [スケジュール済みレポート] インベントリページのボタンをクリックします。オブジェクト(ここではボリューム)に関連するすべてのスケジュール済みレポートがリストに表示されます。
  10. [スケジュールの追加][レポート スケジュール]ページ をクリックしてに新しい行を追加し、新しいレポートのスケジュール特性を定義します。
  11. レポートの名前を入力し、他のレポートフィールドに情報を入力して、行の最後にあるチェックマーク () をクリックします。
    テスト レポートがすぐに送信されます。以降、指定した頻度でレポートが生成され、リスト内の受信者にEメールで送信されます。

    CSV形式のサンプル レポートを次に示します。

    PDF形式のサンプル レポートを次に示します。

終了後の操作

レポートに表示 ONTAP System Manager された結果を基に、 ONTAP System Manager または ONTAP CLI を使用して、特定のボリュームの階層化ポリシーを自動またはすべてに変更し、より多くのコールドデータをクラウド階層にオフロードできます。