最も多いアグリゲートを表示するレポートの作成 使用可能な IOPS

このレポートには、新しいワークロードをプロビジョニングできるアグリゲートタイプごとの IOPS が最も使用可能なアグリゲートが表示されます。

開始する前に

タスク概要

次の手順に従って、健全性を開きます。すべてのボリュームビュー、 Excel でのビューのダウンロード、使用可能な容量グラフの作成、カスタマイズした Excel ファイルのアップロード、最終レポートのスケジュール設定を行います。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、 > ストレージアグリゲート:
  2. View (ビュー)ドロップダウンから Performance (パフォーマンス): All aggregates (すべてのアグリゲート)を選択します。
  3. 表示 / 非表示を選択すると、使用可能な IOPS 列が表示され、クラスタ FQDN 、非アクティブデータレポート、およびしきい値ポリシーの列が非表示になります。
  4. 使用可能な IOPS と空き容量の列 をタイプ列の横にドラッグアンドドロップします。
  5. カスタムビューに 名前を付けて、使用可能な IOPS をアグリゲートごとに保存します。
  6. [ レポート > ] [Excel のダウンロード] を選択し

    ブラウザによって は、 [OK] をクリックしてファイルを保存する必要があります。

  7. 必要 に応じて、編集を有効にするをクリックします。
  8. Excel で、ダウンロードしたファイルを開きます。
  9. データ シートの左上にある小さな三角形をクリックして、シート全体を選択します。
  10. [ データ ] リボンの [ 並べ替えとフィルター ] 領域から [ 並べ替え ] を選択します。
  11. 次のソートレベルを設定します。
    1. 使用可能な IOPS ( IOPS)でソート、セルとしてソート、および最大から最小までの順序を指定します。
    2. レベルを追加をクリックします。
    3. [ タイプで並べ替え] 、 [ セルとして並べ替え ] 、および [ 順序 ] に Z を使用して A を指定します。
    4. レベルを追加をクリックします。
    5. [ 空き容量としてソート ] ( GB )[ セルとしてソート ] の値、および [ 最大から最小までの順序 ] を指定します。
    6. [OK]をクリックします。
  12. Excel ファイルを保存して閉じます。
  13. Unified Manager、レポート > Excel のアップロードを選択します。
    注: Excel ファイルをダウンロードしたときと同じビューに表示されていることを確認します。
  14. 変更した Excel ファイルを選択 performance-aggregates-<date>.xlsxします(この場合)。
  15. [Open]をクリックします。
  16. [Submit]をクリックします。
    [Reports > Upload Excel] メニューアイテムの横にチェックマークが表示されます。

  17. [Scheduled Reports]をクリックします。
  18. [スケジュールの追加][レポート スケジュール]ページ 新しいレポートのスケジュール特性を定義できるように、をクリックしてに新しい行を追加します。
  19. レポートスケジュールの名前を入力し、他のレポートフィールドに情報を入力して、行の最後にあるチェックマーク()をクリックします。
    注: レポートの XLSX 形式を選択します。
    テスト レポートがすぐに送信されます。以降、指定した頻度でレポートが生成され、リスト内の受信者にEメールで送信されます。

終了後の操作

レポートに表示された結果を基に、使用可能な IOPS が最も高いアグリゲートに新しいワークロードをプロビジョニングできます。