レポートの概要

レポートにはストレージ、ネットワーク、サービス品質、および保護関係に関する詳細情報が表示されます。この情報を基に、潜在的な問題を発生前に特定して解決することができます。

ビューをカスタマイズした場合は、再利用できるように名前を付けて保存できます。このビューに基づいてレポートを定期的に実行するようにスケジュール設定し、他のユーザと共有することができます。また、 Excel 形式のビューをダウンロードして高度な Excel 機能を使用してカスタマイズし、そのファイルを Unified Manager にアップロードし直すこともできます。 Unified Managerそのビューを使用してレポートをスケジュールすると、アップロードした Excel ファイルを使用して、共有可能な堅牢なレポートが作成されます。

スケジュールされたすべてのレポートを[レポート スケジュール]ページから管理できます。

注: レポートを操作するには、アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

レポートは、カンマ区切り値( CSV )、 Excel 、または PDF ファイルとしてダウンロードできます。