使用可能なボリューム容量グラフを表示するレポートの作成

Excel グラフで使用可能なボリューム容量を分析するためのレポートを作成できます。

開始する前に

タスク概要

次の手順に従って、健全性を開きます。すべてのボリュームビュー、 Excel でのビューのダウンロード、使用可能な容量グラフの作成、カスタマイズした Excel ファイルのアップロード、最終レポートのスケジュール設定を行います。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、[ストレージ] > [ボリューム]をクリックします。
  2. [ レポート > ] [Excel のダウンロード] を選択し

    ブラウザによって は、 [OK] をクリックしてファイルを保存する必要があります。

  3. 必要 に応じて、編集を有効にするをクリックします。
  4. Excel で、ダウンロードしたファイルを開きます。
  5. データ シート で、 [ ボリューム ] 列と [ 使用可能なデータ %] 列で使用するデータを選択します。
  6. [ 挿入] メニューで、 3-D 円グラフを選択します。
    使用可能なスペースが最も多いボリュームがチャートに表示されます。グラフ がデータシートに表示されます。
    注: ネットワーク構成によっては、列全体またはデータ行が多すぎると、円グラフが読めなくなることがあります。このサンプルでは 3-D 円グラフを使用していますが、任意のグラフタイプを使用できます。最適なグラフには、キャプチャするデータが表示されます。
  7. グラフに Available Capacity という名前を付けます。
  8. グラフ を右クリックし、 [ グラフの移動 ] を選択します。
  9. 新規シート( New sheet)を選択し、シートに Storage Volume Charts という名前を付けます。
    注: インフォメーション シートとデータシートの後に新しいシートが表示されることを確認します。
  10. グラフを選択したときに使用できる [ デザイン ] メニューと [ 書式 ] メニューを使用して、グラフの外観をカスタマイズできます。
  11. 必要に応じて、ファイルに変更を保存します。
  12. Unified Manager、レポート > Excel のアップロードを選択します。
    注: Excel ファイルをダウンロードしたときと同じビューに表示されていることを確認します。
  13. 変更した Excel ファイルを選択します。
  14. [Open]をクリックします。
  15. [Submit]をクリックします。
    [Reports > Upload Excel] メニューアイテムの横にチェックマークが表示されます。

  16. [Scheduled Reports]をクリックします。
  17. [スケジュールの追加][レポート スケジュール]ページ 新しいレポートのスケジュール特性を定義できるように、をクリックしてに新しい行を追加します。
  18. レポートスケジュールの名前を入力し、他のレポートフィールドに情報を入力して、行の最後にあるチェックマーク()をクリックします。
    注: レポートの XLSX 形式を選択します。
    テスト レポートがすぐに送信されます。以降、指定した頻度でレポートが生成され、リスト内の受信者にEメールで送信されます。

終了後の操作

レポートに表示された結果を基に、ボリュームに負荷を分散できます。