アグリゲート容量のテーブルとを表示するレポートの作成 チャート

合計とクラスタ化された棒グラフ形式を使用して、 Excel ファイルの容量を分析するレポートを作成できます。

開始する前に

タスク概要

次の手順に従って、健全性を開きます。すべてのアグリゲートビュー、 Excel でのビューのダウンロード、使用可能な容量グラフの作成、カスタマイズした Excel ファイルのアップロード、最終レポートのスケジュール設定を行います。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、 > ストレージアグリゲート:
  2. [ レポート > ] [Excel のダウンロード] を選択し

    ブラウザによって は、 [OK] をクリックしてファイルを保存する必要があります。
  3. 必要 に応じて、編集を有効にするをクリックします。
  4. Excel で、ダウンロードしたファイルを開きます。
  5. データ シートの後に新しいシート()を作成 し、 [ 合計データ容量( Total Data Capacity ) ] という名前を付けます。
  6. 新しい合計データ容量シートに次の列を追加します。
    1. 合計データ容量(GB)
    2. コミット済み容量( GB )
    3. 使用済みデータ容量(GB)
    4. 使用可能なデータ容量(GB)
  7. 各列の最初 の行に、次の式を入力します。この式では、データシート( data! )が参照されていることを確認し、取得したデータに対して正しい列と行の指定子が参照されていることを確認します(合計データ容量では、列 E 、行 2 から 20 までのデータが取得されます)。
    1. = 合計( DATA ! E$2 : DATA ! E$20 )
    2. = 合計( DATA ! F$2 : DATA ! F$50 )
    3. = 合計( DATA ! G$2 : DATA ! G$50 )
    4. = 合計(データ! H$2 :データ! H$50 )
    数式は、現在のデータに基づいて各列の合計を計算します。

  8. データ シート で、合計データ容量( GB )列とコミット済み容量( GB )列を選択します。
  9. [ 挿入 ] メニューから [ 推奨チャート ] を選択し、 [ クラスタ化 ] 列チャートを選択します。
  10. グラフを右クリック し、 [ グラフの移動 ] を選択して、グラフを [ 合計データ容量 ] シートに移動します。
  11. グラフを選択したときに使用できる [ デザイン ] メニューと [ 書式 ] メニューを使用して、グラフの外観をカスタマイズできます。
  12. 必要に応じて、ファイルに変更を保存します。ファイルの名前や場所は変更しないでください。
  13. Unified Manager、レポート > Excel のアップロードを選択します。
    注: Excel ファイルをダウンロードしたときと同じビューに表示されていることを確認します。
  14. 変更した Excel ファイルを選択します。
  15. [Open]をクリックします。
  16. [Submit]をクリックします。
    [Reports > Upload Excel] メニューアイテムの横にチェックマークが表示されます。

  17. [Scheduled Reports]をクリックします。
  18. [スケジュールの追加][レポート スケジュール]ページ 新しいレポートのスケジュール特性を定義できるように、をクリックしてに新しい行を追加します。
    注: レポートの XLSX 形式を選択します。
  19. レポートスケジュールの名前を入力し、他のレポートフィールドに情報を入力して、行の最後にあるチェックマーク()をクリックします。
    テスト レポートがすぐに送信されます。以降、指定した頻度でレポートが生成され、リスト内の受信者にEメールで送信されます。

終了後の操作

レポートに表示された結果を基に、ネットワーク全体で使用可能な容量を最大限に活用する方法を調査できます。