Excel を使用してレポートをカスタマイズする

ビューを保存したら、 Excel ワークブック形式( .xlsx )でダウンロードできます。Excel ファイルを開くと、 Excel の高度な機能を使用してレポートをカスタマイズできます。

開始する前に

.xlsx アップロードできるのは、拡張子がの Excel ブックファイルのみです。

タスク概要

たとえば、レポートで使用できる Excel の高度な機能には、次のものがあります。
注:
  • ダウンロードした Excel ファイルでは、保存した名前ではなく、ビューのデフォルトのファイル名が使用されます。
    • 形式は <View Area> - <Day> - <Month> - <Year> - <Minute> - <second>.xlsx です。
    • たとえば 、 Volumes] - [Not onlined] という名前 のカスタム保存ビューでは、その日時に保存されている場合、ファイル名は health-volumes-05-May-2020-19-18-00.xlsx になります。
  • Excel ファイルにシートを追加できますが、既存のシートは変更しないでください。
    • 既存のシート、 データ、および情報は変更しないでください。代わりに、作成した新しいページにデータをコピーします。
    • 上記のルールの例外 の 1 つは、データページで式を作成できる点です。データページの数式を使用して、新しいページにグラフを作成します。
    • 新しいシート データ情報に名前を付けないでください。
  • カスタマイズさ > れた Excel ファイルが存在する場合は、 [ レポート ] [Excel のアップロード ] メニュー項目の横にチェックマークが表示されます。Excel ファイルをダウンロードすると、カスタマイズされたバージョンが使用されます。

手順

  1. レポートのベースとして使用するデフォルトビュー、カスタムビュー、または保存ビューを開きます。
  2. [ レポート > ] [Excel のダウンロード] を選択し
  3. ファイルを保存します。
    ファイルがダウンロードフォルダに保存されます。
  4. 保存したファイルを Excel で開きます。
    ファイルを新しい場所に移動しないでください。別の場所で作業を行っている場合は、ファイルをアップロードする前に元のファイル名を使用してファイルを元の場所に保存し直してください。
  5. 複雑な並べ替え、レイヤーフィルター、ピボットテーブル、グラフなどの Excel 機能を使用して、ファイルをカスタマイズします。詳細については、 Microsoft ® Excel のマニュアルを参照してください。
  6. [ レポート > ] [Excel のアップロード ] を選択し、変更したファイルを選択します。
    最新のダウンロード済みファイルは、同じファイルの場所からアップロードされます。
  7. スケジュール済みレポート 機能を使用してテストレポートを送信します。