Snapshot バックアップのデスティネーションの指定

Active IQ Unified Manager いずれかの ONTAP クラスタで設定済みのボリュームでの Active IQ Unified Manager Snapshot バックアップのデスティネーションの設定場所 Active IQ Unified Manager は Active IQ Unified Manager メンテナンスコンソールから定義します。

開始する前に

手順

  1. Secure Shell Active IQ Unified Manager を使用して、 Active IQ Unified Manager システムの IP アドレスまたは FQDN に接続します。
  2. メンテナンス ユーザ(umadmin)の名前とパスワードでシステムにログインします。
  3. コマンドmaintenance_consoleを入力し、Enterキーを押します。
  4. メンテナンスコンソール のメインメニュー、バックアップリストア オプションの番号を入力します。
  5. Configure NetApp Snapshot Backup の番号を入力します。
  6. NFS を設定する番号を入力します。
  7. 指定 する必要がある情報を確認し、 Enter Backup Configuration Details に番号を入力します。
  8. Snapshot を書き込むボリュームを特定するには、クラスタ管理インターフェイスの IP アドレス、 Storage VM の名前、ボリュームの名前、 LUN 名、ストレージシステムのユーザ名とパスワード、およびマウントパスを入力します。
  9. この情報を確認してと入力 yします。
    システムは次のタスクを実行します。
    • クラスタへの接続を確立します
    • すべてのサービスを停止します
    • ボリュームに新しいディレクトリを作成し、 Active IQ Unified Manager データベース構成ファイルをコピーします
    • Active IQ Unified Manager し、新しいデータベースディレクトリへのシンボリックリンクを作成します
    • すべてのサービスを再起動します
  10. メンテナンスコンソールを終了 Active IQ Unified Manager し、 Active IQ Unified Manager インターフェイスを起動して Snapshot バックアップスケジュールを作成します(まだ作成していない場合)。