パフォーマンス指標の表示

Active IQ Unified Manager はカテゴリの API /datacenter が用意されており、データセンター内のクラスタおよびストレージオブジェクトのパフォーマンスデータを表示できます。これらの API は、クラスタ、ノード、 LUN 、ボリュームなどのさまざまなストレージオブジェクトのパフォーマンスデータを取得します。 アグリゲート、 Storage VM

/metrics/analytics API とを使用することで、パフォーマンス指標の異なるビューを確認できます。データセンター内の次のストレージオブジェクトについて、さまざまなレベルの詳細にドリルダウンできます。

/metrics/analytics 次の表に、取得したパフォーマンスデータの詳細に関して、 API と API の比較を示します。

指標 分析
1 つのオブジェクトのパフォーマンスの詳細。たとえば /datacenter/cluster/clusters/{key}/metrics 、 API path で特定のクラスタの指標を取得するには、パラメータとしてクラスタキーを入力する必要があります。 データセンター内の同じタイプの複数のオブジェクトのパフォーマンスの詳細。たとえば /datacenter/cluster/clusters/analytics 、 API はデータセンター内のすべてのクラスタの集合的な指標を取得します。
読み出しの時間間隔パラメータに基づくストレージオブジェクトのパフォーマンス指標サンプル。 特定の期間( 72 時間を超える)における特定のタイプのストレージオブジェクトのパフォーマンスの総合的な価値。
ノードやクラスタの詳細など、オブジェクトの基本的な詳細が読み出されます。 具体的な詳細は取得されません。
一定期間の最小、最大、平均のパフォーマンス値などの累積カウンタが、読み取り、書き込み、合計などの単一のオブジェクトについて読み出されます。 その他のカウンタ。たとえば /datacenter/cluster/nodes/{key}/metrics 、 API はノードについて次の詳細情報を(特に)取得します。
 {
      「 IOPS 」: {
        「 local 」: {
          「その他」: 100.53
          "READ" : 100.53 、
          " 合計 " : 100.53 、
          「 write 」: 100.53
        },
        「その他」: 100.53
        "READ" : 100.53 、
        " 合計 " : 100.53 、
        「 write 」: 100.53
      },
      「レイテンシ」: {
        「その他」: 100.53
        "READ" : 100.53 、
        " 合計 " : 100.53 、
        「 write 」: 100.53
      },
      「 performion_capacity 」: {
        「 available_iops_percent 」: 0 、
        "free_percent" : 0 、
        "system_workload _percent" : 0 、
        "Used_percent" : 0 、
        「 user_workload percent 」: 0
      },
      「スループット」: {
        " その他 " : 100.53 、
        "READ" : 100.53 、
        " 合計 " : 100.53 、
        「 write 」: 100.53
      },
同じタイプのすべてのオブジェクトについて、集約された単一の値が表示されます。たとえば /datacenter/cluster/nodes/analytics 、 API はすべてのノードについて次の値(特にその他)を取得します。
 {
      IOPS : 2757.5723 、
      レイテンシ: 0.8266 、
      「スループット」: 13254.6992 、
      「 utilization percent 」: 58.6488 、
      " 期間 " : 72 、
      「 performion_capacity 」: {
        "Used_percent" : 63.5317 、
        「 available_iops_percent 」: 60731.3086
      },
時間範囲とサンプルデータは、次のスケジュールに基づいています。

データの期間。例として、 1h 、 12h 、 1d 、 2d 、 3d があります。 15D 、 1w 、 1m 、 2m 、 3m 、 6M 。範囲が 3 日( 72 時間)を超える場合は 1 時間のサンプルを取得し、それ以外の場合は 5 分のサンプルを取得します。各期間は次のとおりです。

  • 1H :直近 1 時間の測定値が 5 分以上にわたってサンプリングされます。
  • 12 時間: 5 分以上にわたってサンプリングされた最新の 12 時間のメトリック。
  • 1D :直近の 1 日の測定値が 5 分以上にわたってサンプリングされます。
  • 2D :直近 2 日間の測定値が 5 分を超えてサンプリングされます。
  • 3D :直近 3 日間の測定値が 5 分を超えてサンプリングされます。
  • 15D : 1 時間にわたってサンプリングされた最新の 15 日間のメトリック。
  • 1W : 1 時間以上サンプリングされた最新の週のメトリック。
  • 1M :最近 1 時間でサンプリングされた月のメトリックス。
  • 2M :直近 2 カ月間の測定値が 1 時間以上にわたってサンプリングされます。
  • 3M :最近 3 カ月間の測定値が 1 時間以上サンプリングされています。
  • 6M :直近 6 カ月間の測定値が 1 時間以上にわたってサンプリングされます。

    使用可能な値は、 1h 、 12h 、 1d 、 2d 、 3d です。 15D 、 1w 、 1m 、 2m 、 3m 、 6M

    デフォルト値: 1h

72 時間を超えると、 3 日間です。このサンプルを計算する期間は、 ISO-8601 標準形式で表されます。

/metrics/analytics 次の表に、 API とその詳細を示します。

注: これらの API から返さ れる IOPS とパフォーマンスの指標は、 100.53 のように 2 倍の値です。これらの浮動小数点値をパイプ( | )およびワイルドカード( * )文字でフィルタリングすることはできません。
HTTP動詞 Path 説明
GET

/datacenter/cluster/clusters/{key}/metrics

クラスタキーの入力パラメータで指定したクラスタのパフォーマンスデータ(サンプルと概要)を取得します。クラスタキーと UUID 、時間範囲、 IOPS 、スループット、サンプル数などの情報が返されます。

GET /datacenter/cluster/clusters/analytics

は、データセンター内のすべてのクラスタのパフォーマンス指標の概要を取得します。必要な条件に基づいて結果をフィルタできます。集計 IOPS 、スループット、収集期間(時間数)などの値が返されます。

GET /datacenter/cluster/nodes/{key}/metrics

ノードキーの入力パラメータで指定したノードのパフォーマンスデータ(サンプルとサマリ)を取得します。ノード UUID 、時間範囲、 IOPS 、スループット、レイテンシ、パフォーマンスの概要、収集されたサンプル数、利用率などの情報が返されます。

GET /datacenter/cluster/nodes/analytics

は、データセンター内のすべてのノードのパフォーマンス指標の概要を取得します。必要な条件に基づいて結果をフィルタできます。ノードキーやクラスタキーなどの情報、および集計 IOPS 、スループット、収集期間(時間数)などの値が返されます。

GET /datacenter/storage/aggregates/{key}/metrics

aggregate キーの入力パラメータで指定したアグリゲートのパフォーマンスデータ(サンプルとサマリ)を取得します。時間範囲、 IOPS 、レイテンシ、スループット、パフォーマンス容量の概要、各カウンタで収集されたサンプル数、使用率などの情報が返されます。

GET /datacenter/storage/aggregates/analytics

データセンター内のすべてのアグリゲートのパフォーマンス指標の概要が取得されます。必要な条件に基づいて結果をフィルタできます。アグリゲートキーやクラスタキーなどの情報、および集計 IOPS 、スループット、収集期間(時間数)などの値が返されます。

GET

/datacenter/storage/luns/{key}/metrics

/datacenter/storage/volumes/{key}/metrics

LUN またはボリュームキーの入力パラメータで指定された LUN またはファイル共有(ボリューム)のパフォーマンスデータ(サンプルとサマリ)を取得します。読み取り、書き込み、合計 IOPS 、レイテンシ、スループットの最小値、最大値、平均値の概要などの情報。 各カウンタについて収集されたサンプル数が返されます。

GET

/datacenter/storage/luns/analytics

/datacenter/storage/volumes/analytics

データセンター内のすべての LUN またはボリュームのパフォーマンス指標の概要を取得します。必要な条件に基づいて結果をフィルタできます。Storage VM やクラスタキーなどの情報、および集計 IOPS 、スループット、収集期間(時間数)などの値が返されます。

GET

/datacenter/svm/svms/{key}/metrics

Storage VM キーの入力パラメータで指定した Storage VM のパフォーマンスデータ(サンプルと概要)を取得します。nvmf, fcp, iscsiサポートされている各プロトコルに基づく IOPS の概要。スループット nfs、レイテンシ、 収集されたサンプル数が返されます。

GET /datacenter/svm/svms/analytics

は、データセンター内のすべての Storage VM のパフォーマンス指標の概要を取得します。必要な条件に基づいて結果をフィルタできます。Storage VM の UUID 、アグリゲート IOPS 、レイテンシ、スループット、収集期間(時間数)などの情報が返されます。

GET /datacenter/cluster/licensing/licenses

/datacenter/cluster/licensing/licenses/{key}

データセンター内のクラスタにインストールされているライセンスの詳細を返します。必要な条件に基づいて結果をフィルタできます。ライセンスキー、クラスタキー、有効期限、ライセンス範囲などの情報が返されます。

ライセンスキーを入力すると、特定のライセンスの詳細を取得できます。