Active IQ Unified Manager APIへのアクセスとカテゴリ

Active IQ Unified Manager APIを使用して、環境内のストレージ オブジェクトを管理およびプロビジョニングできます。Unified Manager Web UIにアクセスして、これらの機能の一部を実行することもできます。

REST APIに直接アクセスするためのURLの作成

REST APIには、Python、C#、C++、JavaScriptなどのプログラミング言語を使用して直接アクセスできます。以下の形式でホスト名またはIPアドレスとURLを入力して、REST APIにアクセスします。

https://<hostname>/api

注: デフォルト ポートは443です。環境に応じてポートを設定できます。

オンラインのAPIドキュメント ページへのアクセス

製品に付属のAPIドキュメントのリファレンス コンテンツ ページにアクセスしてAPIドキュメントを表示することも、(Swaggerなどのインターフェイス上で)APIを手動で呼び出すこともできます。このドキュメントにアクセスするには、メニュー バー > [ヘルプ]ボタン > [APIドキュメント]をクリックします。

または、以下の形式でホスト名またはIPアドレスとURLを入力して、REST APIページにアクセスします。

https://<hostname>/docs/api/

カテゴリ

API呼び出しは、分野(カテゴリ)に基づいて機能別に分類されています。特定のAPIを検索するには、該当するAPIカテゴリをクリックします。

Unified Managerに付属するREST APIを使用して、管理、監視、およびプロビジョニングの各機能を実行できます。APIは、次のカテゴリに分類されます。
data center
このカテゴリには、 Work Flow Automation や Ansible などのツールを使用したデータセンターのストレージ管理と分析に役立つ API が含まれています。このカテゴリのREST APIは、データセンター内のクラスタ、ノード、アグリゲート、ボリューム、LUN、ファイル共有、ネームスペースなどの要素に関する情報を提供します。
management-server
management-server カテゴリの API jobssystemevents には、の、および API が含まれています。ジョブとは、Unified Managerでのストレージ オブジェクトまたはワークロードの管理に関連して、非同期の実行がスケジュールされている処理のことです。events この API はデータセンター内 systemUnified Manager のイベントを返し、 API は Unified Manager インスタンスの詳細を返します。
storage-provider
このカテゴリには、ファイル共有、LUN、パフォーマンス サービス レベル、およびストレージ効率化ポリシーの管理とプロビジョニングに必要なすべてのプロビジョニングAPIが含まれています。また、これらのAPIを使用してアクセス エンドポイントやActive Directoryを設定したり、ストレージ ワークロードにパフォーマンス サービス レベルとストレージ効率化ポリシーを割り当てたりできます。
管理
このカテゴリ Unified ManagerUnified Managerには、バックアップの設定の維持、 Unified Manager データソースの信頼ストア証明書の表示、 ONTAP クラスタを Unified Manager のデータソースとして管理するなどの管理タスクを実行するために使用する API が含まれます。
ゲートウェイ
Unified Managergateway は、カテゴリ内の API から ONTAP REST API を呼び出して、データセンター内のストレージオブジェクトを管理できます。
セキュリティ
このカテゴリ Unified Manager には、 Unified Manager ユーザを管理するための API が含まれています。