Unified Managerのアップグレード

Unified Manager Red Hat プラットフォームで Unified Manager 9.7 または 9.8 から 9.9 にアップグレードするには、インストールファイルをダウンロードして実行します。

開始する前に

手順

  1. ターゲットのRed Hat Enterprise LinuxサーバまたはCentOSサーバにログインします。
  2. サーバにUnified Managerのバンドルをダウンロードします。
  3. ダウンロードしたディレクトリに移動し、Unified Managerのバンドルを展開します。 unzip ActiveIQUnifiedManager-<version>.zip
    Unified Managerに必要なRPMモジュールがターゲット ディレクトリに解凍されます。
  4. ディレクトリに次のモジュールが展開されたことを確認します。ls *.rpm
    • netapp-um<version>.x86_64.rpm
  5. オプション: システムがインターネットに接続されていない場合や Red Hat Enterprise Linux のリポジトリを使用していない場合は、次の手順に従って、必要なパッケージが揃っているかどうかを確認し、足りないパッケージをダウンロードします。
    1. 各パッケージについてその有無を表示します。 yum install netapp-um<version>.x86_64.rpm --assumeno
      Installing:セクションの項目が現在のディレクトリにあるパッケージで、Installing for dependencies:セクションの項目がシステムにないパッケージです。
    2. インターネットにアクセス可能な別のシステムで、次のコマンドを実行して不足しているパッケージをダウンロードします。 yum install package_name --downloadonly --downloaddir=.
      パッケージが –downloaddir=.
      yum-plugin-downloadonlyプラグインは、Red Hat Enterprise Linuxシステムで常に有効になっているとはかぎりません。インストールを実行せずにパッケージをダウンロードするために、この機能を有効にする必要がある場合があります。yum install yum-plugin-downloadonly
    3. インストール先のシステムに新しいディレクトリを作成し、ダウンロードしたパッケージをインターネットに接続したシステムからコピーします。
    4. インストール先のシステムの新しいディレクトリに移動し、次のコマンドを実行してMySQL Community Editionとその付属プログラムをインストールします。yum install *.rpm
  6. インストール前スクリプトを実行して、アップグレードと競合するシステム設定やインストール済みソフトウェアがないことを確認します。sudo ./pre_install_check.sh
    インストール前スクリプトは、システムに有効なRed Hatサブスクリプションが存在すること、およびシステムが必要なソフトウェア リポジトリにアクセスできることをチェックします。問題が検出された場合は、Unified Managerをアップグレードする前に修正する必要があります。
  7. 次のスクリプトを使用してUnified Managerをアップグレードします。upgrade.sh
    RPMモジュールが自動的に実行され、必要なサポート ソフトウェアとそれらで実行されているUnified Managerモジュールがアップグレードされます。アップグレードと競合するシステム設定やインストール済みソフトウェアがないかどうかも確認されます。問題が検出された場合は、Unified Managerをアップグレードする前に修正する必要があります。
  8. アップグレードが完了したら、メッセージを上にスクロールして、Unified Manager Web UIのIPアドレスまたはURL、メンテナンス ユーザの名前(umadmin)、およびデフォルトのパスワードを確認します。
    メッセージは次のようになります。
    Active IQ Unified Manager upgraded successfully.
    Use a web browser and one of the following URLs to access the Unified Manager GUI: 
    
    https://default_ip_address/    (if using IPv4)
    https://[default_ip_address]/  (if using IPv6)
    https://fully_qualified_domain_name/

終了後の操作

サポートされているWebブラウザに表示されたIPアドレスまたはURLを入力してUnified Manager Web UIを起動し、前に設定したメンテナンス ユーザの名前(umadmin)とパスワードを使用してログインします。