Storage VM ピアを削除しています

パートナーアプリケーション用の Storage VM ピアを削除して、ソースとデスティネーションの Storage VM 間のセカンダリプロビジョニング関係を削除できます。この処理は、たとえば、デスティネーション Storage VM がいっぱいになったために新しい Storage VM 保護ピアを作成する場合などに行います。

開始する前に

アプリケーション管理者またはストレージ管理者のロールが必要です。

タスク概要

削除 ボタンは、少なくとも 1 つの Storage VM ピアが選択されるまで無効になります。関連付けの削除と追加による変更は、以降のプロビジョニング処理にのみ反映されます。既存のデスティネーション ボリュームが移動されることはありません。

手順

  1. 左側のナビゲーション ペインで、Protection > Storage VM ピア
  2. Storage VM ピアを少なくとも 1 つ選択してください。
    [Delete]ボタンが有効になります。
  3. [Delete]をクリックします。
    警告のダイアログ ボックスが表示されます。
  4. [Yes]をクリックして処理を続行します。
    選択した Storage VM ピアがリストから削除されます。