Storage VM ディザスタリカバリ保護関係を監視しています

Active IQ Unified Manager では、 Storage VM ディザスタリカバリ関係の監視がサポートされており、ディザスタリカバリは Storage VM レベルできめ細かく実行できます。Storage VM ディザスタリカバリを使用すると、 Storage VM のコンスティチュエントボリュームに存在するデータをリカバリしたり、 Storage VM の設定をリカバリしたりできます。

非同期のディザスタリカバリを実現するために、ソース Storage VM からデスティネーション Storage VM への Storage VM DR 関係が作成されます。クラスタのセットアップに基づいて、データボリュームと一緒に Storage VM の設定をすべてレプリケートするか一部だけ(ネットワークとプロトコルの設定を除く)レプリケートするかを選択できます。

Storage VM ディザスタリカバリ関係の設定後、ハードウェア障害や環境障害が原因でソース Storage VM が使用できなくなったときに、デスティネーション Storage VM が起動し、最小限のシステム停止でデータへのアクセスが提供されます。同様に、ソース Storage VM が使用可能になると、デスティネーション Storage VM と再同期され、ソースからデータの提供が再開されます。SnapMirror コマンドを使用して、 Storage VM ディザスタリカバリ関係を設定および管理できます。