Create Storage Virtual Machine Peers ウィザード

Storage Virtual Machine ピアの作成 ウィザードでは、 SnapMirror 保護関係と SnapVault 保護関係で使用するソース Storage VM とデスティネーション Storage VM をピアリングできます。

ソースの選択

ソースの選択 パネルでは、 Storage VM ピアのソースまたはプライマリ Storage VM を選択できます。

すべて
任意の Storage VM ソースと 1 つ以上のデスティネーションまたはセカンダリの Storage VM の間にピアを作成できます。つまり、現時点で保護を必要とする既存のすべての Storage VM と、以降に作成されるすべての Storage VM が、指定したデスティネーション Storage VM とピア関係にあります。たとえば、異なる場所にある複数のソースのアプリケーションを 1 箇所にある 1 つ以上のデスティネーション Storage VM にバックアップできます。
1つ
特定のソース Storage VM と 1 つ以上のデスティネーション Storage VM をピアリングできます。たとえば、データを互いに分離する必要のある多数のクライアントにストレージサービスを提供する場合は、このオプションを選択して、特定の Storage VM ソースを、対象のクライアントにのみ割り当てられる特定の Storage VM デスティネーションに関連付けます。
なし(外部)
ソース Storage VM とデスティネーション Storage VM の外部のフレキシブルボリュームの間で関連付けを作成できます。
  • Storage Virtual Machine

    使用可能なソース Storage VM の名前が表示されます

  • クラスタ

    各 Storage VM が配置されているクラスタが表示されます

Allow these kinds of relationships
関連付けの関係タイプを選択できます。
  • SnapMirror

    ピアタイプとして SnapMirror 関係を指定します。このオプションを選択すると、選択したソースからデスティネーションへのデータ レプリケーションが可能になります。

  • SnapVault

    SnapVault 関係をピアタイプとして指定します。このオプションを選択すると、選択したプライマリの場所からセカンダリの場所へのバックアップが可能になります。

Select Protection Destinations

Storage Virtual Machine ピアの作成 ウィザードの保護デスティネーションの選択パネルでは、データのコピー先またはレプリケート先を選択できます。ピアはクラスタごとに 1 つのデスティネーション Storage VM にしか作成できません。

コマンド ボタン

各コマンド ボタンを使用して次のタスクを実行できます。

Next
ウィザードの次のページに進みます。
Back
ウィザードの前のページに戻ります。
Finish
選択項目を適用して関連付けを作成します。
キャンセル
選択内容を破棄 して Storage Virtual Machine ピアの作成ウィザードを閉じます。