Unified Managerのレポート機能

Active IQ Unified Manager(旧OnCommand Unified Manager)では、ONTAPストレージ システムに関するレポートを表示、カスタマイズ、ダウンロード、およびスケジュール設定できます。レポートには、ストレージ システムの容量、健全性、パフォーマンス、保護関係に関する詳細を表示できます。

Active IQ Unified Manager 9.6で導入された新しいUnified Managerレポート機能およびスケジュール設定機能は、Unified Managerバージョン9.5で廃止された以前のレポート作成エンジンに代わるものです。

レポート機能は、ネットワークのさまざまなビューを提供し、容量、健全性、パフォーマンス、保護データに関する実用的な情報を提供します。列の表示、非表示 / 再配置、データのフィルタリング、データのソート、結果の検索を行うことで、ビューをカスタマイズできます。カスタム ビューは、再利用できるように保存したり、レポートとしてダウンロードしたりできるほか、定期レポートとしてスケジュール設定してEメールで配布することができます。

Microsoft ® Excel 形式のビューをダウンロードしてカスタマイズできます。複雑な並べ替え、レイヤーフィルター、ピボットテーブル、グラフなど、 Excel の高度な機能を使用できます。結果の Excel レポートに問題がなければ、レポートがスケジュールされて共有されるたびに使用する Excel ファイルをアップロードできます。

Unified Managerでは、ユーザ インターフェイスからレポートを生成する以外にも、以下の方法を使用して健全性とパフォーマンスのデータを抽出できます。

このリリースの Active IQ Unified Manager では、レポートの機能が次のように拡張されています。