SMBアクセスに関するエクスポート ポリシーの有効化と無効化

Storage Virtual Machine(SVM)でのSMBアクセスに関するエクスポート ポリシーを有効または無効にすることができます。エクスポート ポリシーを使用したリソースへのSMBアクセスの制御はオプションです。

開始する前に

SMBに関するエクスポート ポリシーを有効にするための要件は次のとおりです。

タスク概要

SVMに新しいCIFSサーバをセットアップするとき、SMBアクセスに関するエクスポート ポリシーの使用はデフォルトで無効になります。認証プロトコル、クライアントIPアドレス、またはホスト名に基づいてアクセスを制御する場合、SMBアクセスのエクスポート ポリシーを有効にできます。SMBアクセスに関するエクスポート ポリシーはいつでも有効または無効にできます。

手順

  1. 権限レベルをadvancedに設定します。set -privilege advanced
  2. エクスポート ポリシーを有効または無効にします。
    • エクスポート ポリシーを有効にします。vserver cifs options modify -vserver vserver_name -is-exportpolicy-enabled true
    • エクスポート ポリシーを無効にします。vserver cifs options modify -vserver vserver_name -is-exportpolicy-enabled false
  3. admin権限レベルに戻ります。set -privilege admin

次の例は、エクスポート ポリシーを使用したSVM vs1上のリソースへのSMBクライアント アクセスの制御を有効にします。

cluster1::> set -privilege advanced
Warning: These advanced commands are potentially dangerous; use them
only when directed to do so by technical support personnel.
Do you wish to continue? (y or n): y 

cluster1::*> vserver cifs options modify -vserver vs1 -is-exportpolicy-enabled true

cluster1::*> set -privilege admin