既存のSMB共有でのoplockの有効化と無効化

Storage Virtual Machine(SVM)上のSMB共有では、oplockがデフォルトで有効になっています。場合によっては、oplockの無効化が必要になることがあります。または、以前に共有でoplockを無効にした場合に、oplockを再度有効にすることもあります。

タスク概要

共有を含むボリュームでoplockが有効になっているが、その共有のoplock共有プロパティが無効になっている場合、その共有のoplockは無効になります。共有でのoplockの無効化は、ボリュームでのoplockの有効化よりも優先されます。共有でoplockを無効にすると、便宜的oplockとoplockリースの両方が無効になります。既存の共有でのoplockの有効化と無効化はいつでも実行できます。

手順

該当する処理を実行します。
状況 操作
既存の共有を変更して共有でoplockを有効にする 次のコマンドを入力します。vserver share properties add -vserver vserver_name -share-name share_name -share-properties oplocks
注: 追加する共有プロパティをカンマで区切って追加指定できます。

新たに追加したプロパティは、共有プロパティの既存のリストに追加されます。以前に指定した共有プロパティは有効なままです。

既存の共有を変更して共有でoplockを無効にする 次のコマンドを入力します。vserver share properties remove -vserver vserver_name -share-name share_name -share-properties oplocks
注: 削除する共有プロパティをカンマで区切って追加指定できます。

削除した共有プロパティは既存の共有プロパティ リストから削除されますが、削除しなかった設定済みの共有プロパティは有効なままになります。

次のコマンドは、Storage Virtual Machine(SVM、旧Vserver)vs1上のEngineeringという名前の共有のoplockを有効にします。

cluster1::> vserver cifs share properties add -vserver vs1 -share-name Engineering -share-properties oplocks

cluster1::> vserver cifs share properties show
Vserver          Share            Properties
---------------- ---------------- -----------------
vs1              Engineering      oplocks
                                  browsable
                                  changenotify
                                  showsnapshot

次のコマンドは、SVM vs1上のEngineeringという名前の共有のoplockを無効にします。

cluster1::> vserver cifs share properties remove -vserver vs1 -share-name Engineering -share-properties oplocks

cluster1::> vserver cifs share properties show
Vserver          Share            Properties
---------------- ---------------- -----------------
vs1              Engineering      browsable
                                  changenotify
                                  showsnapshot