マルチプロトコル環境でのファイル名とディレクトリ名の大文字と小文字の区別

ファイル名とディレクトリ名について、NFSクライアントでは大文字と小文字が区別されますが、CIFSクライアントでは大文字と小文字が区別されず、同じ文字として扱われます。この違いがマルチプロトコル環境に及ぼす影響、およびSMB共有の作成時にパスを指定するときや、共有内のデータにアクセスするときにどのように対処すべきかを理解しておく必要があります。

SMBクライアントでtestdirという名前のディレクトリを作成すると、SMBクライアントとNFSクライアントのどちらでもディレクトリ名はtestdirと表示されます。ただし、SMBユーザがあとでTESTDIRという名前のディレクトリを作成しようとしても、SMBクライアントではその名前がすでに存在しているとみなされるため作成できません。NFSユーザがあとでTESTDIRという名前のディレクトリを作成すると、このディレクトリ名はNFSクライアントとSMBクライアントで次のように異なって表示されます。

NFSクライアントでは、ディレクトリ名の大文字と小文字が区別されるため、両方のディレクトリ名が作成したとおりに、testdirおよびTESTDIRと表示されます。

SMBクライアントでは、2つのディレクトリを区別するために8.3形式の名前が使用されます。1つのディレクトリには基本ファイル名が付けられます。以降のディレクトリには8.3形式の名前が割り当てられます。

ファイルの場合も同様に、SMBクライアントでtest.txtというファイルを作成すると、SMBクライアントとNFSクライアントのどちらでもファイル名はtext.txtと表示されます。ただし、その後SMBユーザがTest.txtというファイルを作成しようとしても、SMBクライアントではその名前がすでに存在しているとみなされるため作成できません。NFSユーザがTest.txtという名前のファイルを作成すると、このファイル名はNFSクライアントとSMBクライアントで次のように異なって表示されます。

NFSクライアントでは、ファイル名の大文字と小文字が区別されるため、両方のファイル名が作成したとおりに、test.txtおよびText.txtと表示されます。

SMBクライアントでは、2つのファイルを区別するために8.3形式の名前が使用されます。一方のファイルには基本ファイル名が付けられます。追加のファイルには、8.3形式のファイル名が割り当てられます。