CIFSサーバでのBranchCacheの設定

BranchCacheサービスを共有ごとに提供するようにBranchCacheを設定できます。また、すべてのSMB共有でキャッシュを自動的に有効にするようにBranchCacheを設定することもできます。

タスク概要

BranchCacheはSVMで設定できます。

BranchCacheの設定時には、次のパラメータを指定する必要があります。

必須パラメータ 説明
SVM BranchCacheはSVMごとに設定します。BranchCacheサービスを設定するCIFS対応のSVMを指定する必要があります。
ハッシュ ストアのパス BranchCacheハッシュはSVMボリューム上の通常のファイルに格納されます。ハッシュ データが格納される既存のディレクトリのパスを指定する必要があります。

BranchCacheハッシュ パスは読み取り / 書き込み可能である必要があります。Snapshotディレクトリなどの読み取り専用パスは指定できません。他のデータが含まれているボリュームにハッシュ データを格納するか、ハッシュ データを格納するための別のボリュームを作成することができます。

SVMSVMディザスタ リカバリ ソースである場合、ハッシュ パスをルート ボリューム上に配置することはできません。これは、ルート ボリュームがディザスタ リカバリ デスティネーションにレプリケートされないためです。

ハッシュ パスには、空白を含む任意のファイル名に有効な文字を含めることができます。

必要に応じて、次のパラメータを指定できます。

オプションのパラメータ 説明
サポート対象のバージョン ONTAPでは、BranchCache 1および2がサポートされています。バージョン1、バージョン2、または両方のバージョンを有効にできます。デフォルトでは、両方のバージョンが有効になります。
ハッシュ ストアの最大サイズ ハッシュ データ ストアに使用するサイズを指定できます。ハッシュ データがこの値を超えると、古いハッシュが削除され、新しいハッシュを格納するスペースが確保されます。ハッシュ ストアのデフォルト サイズは1GBです。

ハッシュが過剰に破棄されない方が、BranchCacheのパフォーマンスは向上します。ハッシュ ストアがいっぱいになるのが原因でハッシュが頻繁に破棄されていると判断した場合は、BranchCacheの設定を変更して、ハッシュ ストアのサイズを大きくすることができます。

サーバ キー クライアントがBranchCacheサーバを偽装できないようにするためにBranchCacheサービスによって使用されるサーバ キーを指定できます。指定しない場合、サーバ キーはBranchCacheの設定の作成時にランダムに生成されます。

サーバ キーを特定の値に設定すると、複数のサーバが同じファイルのBranchCacheデータを提供している場合に、クライアントが同じサーバ キーを使用してサーバのハッシュを使用できるようになります。サーバ キーにスペースを含める場合は、サーバ キーを引用符で囲む必要があります。

動作モード デフォルトでは、BranchCacheは共有ごとに有効になります。
  • BranchCacheを共有ごとに有効にするBranchCacheの設定を作成するには、このオプション パラメータを指定しないようにするか、per-shareを指定します。
  • BranchCacheをすべての共有で自動的に有効にするには、動作モードをall-sharesに設定する必要があります。

手順

  1. 必要に応じてSMB 2.1および3.0を有効にします。
    1. 権限レベルをadvancedに設定します。set -privilege advanced
    2. SVMのSMB設定を確認し、必要なすべてのバージョンのSMBが有効になっているかどうかを特定します。vserver cifs options show -vserver vserver_name
    3. 必要に応じてSMB 2.1を有効にします。vserver cifs options modify -vserver vserver_name -smb2-enabled true
      このコマンドを実行すると、SMB 2.0とSMB 2.1の両方が有効になります。
    4. 必要に応じてSMB 3.0を有効にします。vserver cifs options modify -vserver vserver_name -smb3-enabled true
    5. admin権限レベルに戻ります。set -privilege admin
  2. BranchCacheを設定します。vserver cifs branchcache create -vserver vserver_name -hash-store-path path [-hash-store-max-size {integer[KB|MB|GB|TB|PB]}] [-versions {v1-enable|v2-enable|enable-all] [-server-key text] -operating-mode {per-share|all-shares}

    指定したハッシュ ストレージのパスが存在し、SVMによって管理されているボリューム上にある必要があります。また、パスは読み取り / 書き込み可能なボリュームにある必要があります。パスが読み取り専用であるか、または存在しない場合、コマンドは失敗します。

    SVM BranchCacheの追加設定で同じサーバ キーを使用する場合は、サーバ キーとして入力した値を記録しておきます。BranchCacheの設定に関する情報を表示する際に、サーバ キーは表示されません。

  3. BranchCacheの設定が正しいことを確認します。vserver cifs branchcache show -vserver vserver_name

次のコマンドは、SMB 2.1と3.0の両方が有効になっていることを確認し、SVM vs1上のすべてのSMB共有でキャッシュを自動的に有効にするようにBranchCacheを設定します。

cluster1::> set -privilege advanced
Warning: These advanced commands are potentially dangerous; use them
only when directed to do so by technical support personnel.
Do you wish to continue? (y or n): y 

cluster1::*> vserver cifs options show -vserver vs1 -fields smb2-enabled,smb3-enabled
vserver smb2-enabled smb3-enabled
------- ------------ ------------
vs1     true         true


cluster1::*> set -privilege admin

cluster1::> vserver cifs branchcache create -vserver vs1 -hash-store-path /hash_data -hash-store-max-size 20GB -versions enable-all -server-key "my server key" -operating-mode all-shares

cluster1::> vserver cifs branchcache show -vserver vs1

                                 Vserver: vs1
          Supported BranchCache Versions: enable_all
                      Path to Hash Store: /hash_data
          Maximum Size of the Hash Store: 20GB
Encryption Key Used to Secure the Hashes: -
        CIFS BranchCache Operating Modes: all_shares

次のコマンドは、SMB 2.1と3.0の両方が有効になっていることを確認し、SVM vs1上の共有ごとにキャッシュを有効にするようにBranchCacheを設定し、BranchCacheの設定を確認します。

cluster1::> set -privilege advanced
Warning: These advanced commands are potentially dangerous; use them
only when directed to do so by technical support personnel.
Do you wish to continue? (y or n): y 

cluster1::*> vserver cifs options show -vserver vs1 -fields smb2-enabled,smb3-enabled
vserver smb2-enabled smb3-enabled
------- ------------ ------------
vs1     true         true

cluster1::*> set -privilege admin

cluster1::> vserver cifs branchcache create -vserver vs1 -hash-store-path /hash_data -hash-store-max-size 20GB -versions enable-all -server-key "my server key"

cluster1::> vserver cifs branchcache show -vserver vs1

                                 Vserver: vs1
          Supported BranchCache Versions: enable_all
                      Path to Hash Store: /hash_data
          Maximum Size of the Hash Store: 20GB
Encryption Key Used to Secure the Hashes: -
        CIFS BranchCache Operating Modes: per_share