オフライン ファイルの導入に関するガイドライン

ホーム ディレクトリにshowsnapshot共有プロパティが設定されているホーム ディレクトリ共有でオフライン ファイルを導入する場合は、以下の重要なガイドラインについて理解しておく必要があります。

オフライン ファイルを設定したホーム ディレクトリ共有でshowsnapshot共有プロパティを指定している場合、Windowsクライアントでは、すべてのSnapshotコピーがユーザのホーム ディレクトリ内の~snapshotフォルダの下にキャッシュされます。

次のいずれかに該当する場合、Windowsクライアントでは、すべてのSnapshotコピーがホーム ディレクトリの下にキャッシュされます。

注: ~snapshotフォルダがオフライン ファイルに含まれる場合は、オフライン ファイルの導入を避ける必要があります。~snapshotフォルダ内のSnapshotコピーには、ONTAPがSnapshotコピーを作成した時点のボリューム上にあったデータがすべて含まれています。そのため、~snapshotフォルダのオフライン コピーを作成すると、クライアント上のローカル ストレージを大量に使用し、オフライン ファイルの同期中にネットワーク帯域幅を消費するうえ、オフライン ファイルの同期にかかる時間も長くなります。