force-group共有設定を使用したSMB共有の作成

UNIXファイル セキュリティ形式のボリュームやqtreeにあるデータにアクセスするSMBユーザが、同じUNIXグループに属しているとONTAPでみなされるようにするには、force-group共有設定を使用してSMB共有を作成します。

手順

SMB共有を作成します。vserver cifs share create -vserver vserver_name -share-name share_name -path path -force-group-for-create UNIX_group_name
共有のUNCパス(\\servername\sharename\filepath)が256文字を超えている場合(UNCパスの先頭の\\は除く)、Windowsの[プロパティ]ダイアログ ボックスの[セキュリティ]タブが機能しません。これは、ONTAPの問題ではなく、Windowsクライアントの問題です。この問題を回避するには、UNCパスが256文字を超える共有を作成しないようにしてください。

共有の作成後にforce-groupを削除する場合は、-force-group-for-createパラメータの値に空の文字列("")を指定して共有を変更します。共有を変更してforce-groupを削除した場合、この共有への既存のすべての接続には、引き続き以前に設定されたforce-groupがプライマリGIDとして使用されます。

次のコマンドは、Webでアクセス可能なwebpages共有を/corp/companyinfoディレクトリに作成します。SMBユーザがこのディレクトリ内に作成するすべてのファイルはwebgroup1グループに割り当てられます。

vserver cifs share create -vserver vs1 -share-name webpages -path /corp/companyinfo -force-group-for-create webgroup1