CIFSサーバ上でのGPOサポートの有効化と無効化

CIFSサーバでグループ ポリシー オブジェクト(GPO)のサポートを有効または無効にできます。CIFSサーバでGPOのサポートを有効にすると、グループ ポリシー(CIFSサーバ コンピュータ オブジェクトを含む組織単位に適用されるポリシー)に定義されている該当するGPOがCIFSサーバに適用されます。

タスク概要

注: GPOはワークグループ モードのCIFSサーバでは有効にできません。

手順

  1. 次のいずれかを実行します。
    状況 入力するコマンド
    GPOを有効にする vserver cifs group-policy modify -vserver vserver_name -status enabled
    GPOを無効にする vserver cifs group-policy modify -vserver vserver_name -status disabled
  2. GPOサポートが指定した状態になっていることを確認します。vserver cifs group-policy show -vserver vserver_name
    ワークグループ モードのCIFSサーバについては、グループ ポリシーのステータスがdisabledと表示されます。

次の例は、Storage Virtual Machine(SVM)vs1でGPOサポートを有効にします。

cluster1::> vserver cifs group-policy modify -vserver vs1 -status enabled

cluster1::> vserver cifs group-policy show -vserver vs1

            Vserver: vs1
Group Policy Status: enabled